Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1215号  5月27日

□■□2016年5月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1215号  5月27日

         こぶし基金のこと    

1 蝙蝠日記  創造的実験の場  
2 展覧会案内 片山みやび展 光の在りか      明日(28日)から  
        武内ヒロクニ展  都市欲望曼荼羅  明日(28日)から  
3 関連のトークとイベント
5月28日(土) 片山みやび アーチスト・トーク 
聞き手に山崎均氏(神戸芸術工科大学教授)をお招きして
5月29日(日) ヒロクニ78才の渾身、公開制作 随時
どちらも予約不要です。     
3 今日の言葉  人類と言って思い上がらず、生類の一員と思って

登録、解除は下記から

メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■■蝙蝠日記  
こぶし(辛夷)基金は公益財団法人「神戸文化支援基金」の愛称です。その由来に
ついては財団のHPでご覧下さい。
http://kobushi-kikin.com/about.html
創設が1992年。当時は公益信託「亀井純子基金」としてスタートし、徐々に内容を充実
させ兵庫・神戸の文化的土壌を豊かにする活動を行なってきました。

来年が創設25年になるのですね。

今日はギャラリー島田で第5回のKobe Art Award.の選考会と理事会を開催します。
長い歴史をコツコツと歩んできた基金ですが、ここもまた新しい創造的実験を繰り返して
います。
■■
片山みやび展 光の在りか  28日から6月8日まで
片山みやびさんとの付き合いは1994年に遡る。そのころすでに「アート・ナウ<90年代の
新地平>12人の実践」に選ばれ、版画コンクールの賞を総なめにしていた。そして片山さ
んの版画から油彩へ、Glass Workへの展開、デンマークへの留学そして帰国など画業展開
の節目での展覧会を企画してきました。ギャラリー島田の30年誌に「片山さんの感受性が
受信した年月の試練によって、熟成したものが滲みでてきて豊潤にいたるのを見守りたい」
と書きましたが、まさに、それが今なのです。
島田誠
http://gallery-shimada.com/?p=3726
昨日、スタッフ総がかりで展示を行ないました。美しい空間が出来ました。
猪子大地によるブログです。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6436
■■
武内ヒロクニ展  都市欲望曼荼羅 28日かあら6月2日まで
危険なほど性(エロス)の氾濫を都市の俯瞰図として描く。街の個々の景観はほとんど記
号のように切り詰められ、簡略化され、代わってそこで重厚に躍動するのは、性(エロス)
ないしは欲望の怒涛のような洪水です。
武内ヒロクニという作家は、間断ない創造と破滅のせめぎあいのまっただなかでいつも危
うい闘いを選び続けているのです。
山本忠勝「坂の上の作家たち」より
http://gallery-shimada.com/?p=3729
新しいスタッフの松浦友与さんとドイツからのマティーナさんが美しく、いい展示をして
くれました。
ブログでご覧下さい。
11年前のヒロクニさんの愛嬌ある自画像がお迎えしてくれます。
http://gallery-shimada.com/blog/

■■
今日の言葉
人間の能力には、寿命と同じように限りがあります。人類と言って思い上がらず、生類の
一員と思って自然に学び、後の代に伝えていくしかありません」
石牟礼道子 2016年5月24日 朝日新聞 文化文芸 29面から

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.com