Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1211号  5月14日

□■□2016年5月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1211号  5月14日

      だれにも見えない眺めと、だれにも見えない深層  

1 蝙蝠日記   坂の上の作家たち
2 展覧会案内  古田恵美子展     今日から
         17:00から古田さんと御子柴大三さんのトークがあります

         坂の上の作家たち展  今日から 

3 神戸塾312回 山本忠勝美術評論集「坂の上の作家たち」刊行記念トーク

4 今日の言葉  キャンバスがイイと言う迄、描き続ける。

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■■蝙蝠日記 だれにも見えない深層
神戸のアーティストへの大きな影響力をもった山本忠勝さんの評論集「坂の上の作家たち」
が、ようやく刊行されました。その記念展が今日から始まります。

この評論集については編集協力したスタッフの林淳子がブログで紹介しています。
書影や内容については下記をご覧下さい。
http://gallery-shimada.com/blog/

刊行記念展の会期中は1,620円(税込)118pを
¥1500で販売いたします。

だれにも見えない眺めと、だれにも見えない深層
この本に寄せた私のあとがきのタイトルです。
■■展覧会案内
山本忠勝美術評論集「坂の上の作家たち」(ギャラリー島田刊)刊行記念展
5月14日―25日 ギャラリー島田Deux
評論集で取上げられた作家の作品による展覧会です。
http://gallery-shimada.com/?p=3713
■■神戸塾312回土曜サロン
山本忠勝美術評論集「坂の上の作家たち」刊行記念トーク
5月21日(土)15:00から
山本忠勝さんをお招きして、その評論について話し合いましょう。
下村俊子さん、榎忠さん、藤田佳代さん、そして本に登場する画家さんなど、賑やかに
山本さんと語り合いましょう。

■■
古田恵美子展
http://gallery-shimada.com/?p=3716
猪子大地がブログで紹介しています
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6420
ここには写っていませんが、展示作業はマティーナ(ベルリンからのインターン)さんが
古田さんと行ないました。

初日5月14日(土)17:00〜作家トークと対談を開催します。
ゲスト:御子柴大三(美術評論家)さんをお迎えします。進行:島田誠
18:00から簡単な交流の場を持ちます。どなたでもどうぞ。
■■
今日の言葉
心像画 古田恵美子
自分の絵がなになのか、何処へいくのか、今だに解りません。描きたいモノというより
描きたいコトを描いていると思う。私の内に沁み込み熟したころ出てくる。二年程前から
一日三時間程度描き続けてきた。その刻々(ときどき)の私自身が表れているとしか言い
ようがない。様々なサイズのキャンバスがある。私の吾がままから、その都度変形サイズ
を作ってくれているFさんが居る。私はキャンバスがイイと言う迄、描き続ける。
心を込めて作って下さったFさんにキャンバスに申し訳ない。そう思うからです。
いただいたお手紙から(2016.4.10)
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.com