Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1208号  5月7日

□■□2016年5月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1208号  5月7日

      あなたは犬派? それとも猫派?    

1 蝙蝠日記  私は転向派
2 展覧会案内  静香展  今日から  
3 神戸塾、火曜サロン 『風神雷神図屏風』の雷神はなぜ白いのか
          5月10日(火) 残席あり。聴き逃せませんよ。
4 今日の言葉  私たちが街を作り街が私たちを作る。

######################################
■■蝙蝠日記
昔はずっと犬を飼っていた。
スピッツ、マルチーズ、シェットランド・シープドッグ。可愛いかった。
飼わなくなったのは、1989年の脳の手術を受け、久しぶりに帰宅した時に、大喜びで
迎えてくれるはずのシェップの姿がなく、私の身代わりに逝ったと知って、大泣き
したから。

今は猫派に転向。でも身近にいる事になるとは思ってもいませんでした。
夏目漱石の「我が輩は猫である」は愛読していますが「わたしは猫よ」という、ぐら
も可愛いですね。
島田陽、容子さんの愛猫ですが赤ちゃんのためにぐらは私の養子ならぬ養猫になるのです。

私が今ある多くの使命のごとき取り組みは、その手術のときに取り除かれた腫瘍のかわり
に埋め込まれた「受信装置」のせいに違いありません。

前回のメールで「記録集」にまつわる膨大な作業に触れましたが、その作業を担っている
のは、優秀な編集委員の皆さんで、私はメールラッシュの前で、おろおろしながら、時々
飛んでくる「ここは誠さん」という指令に応えているだけですが、読むだけでも膨大、そ
の編集作業の緻密さには頭がついていけません。

私のまわりで島田陽(建築家)、島田容子(ギャラリースタッフ)も関連して仕事を担って
いるので「島田さん」では誰のことか分からないのでこの頃は「誠です」の方が多いので
す。
■■展覧会案内
静香展が今日から始まります。
長々と猫のはなしを書いたのは静香さんの絵のテーマの大半は猫だからです。
まずは展覧会の情報はこちらから
http://gallery-shimada.com/?p=3695
「なぜ私はここにいる?」子供の頃から頭を離れない疑問です。(静香)
その答えを探す作家の言葉と作品が繋がっています。
単なる猫可愛がりであれば、ギャラリー島田が静香展を取上げることはありません。
そこに深く今あることを問うという画家の佇まいと重なるものを感じるのです。
会場風景からも窺がえます。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6413
作家は、ずっと「ミニアチュール神戸」展に参加され、かならず売れてきました。
その上で話し合いを重ねて今回に至り、作家名を静香とし、今回の初個展を迎え
ました。
お運び下さい。

聴き逃せませんよ。
第311回神戸塾 火曜サロン
林 進「日本文化 私の最新講義 『風神雷神図屏風』の雷神はなぜ白いのか」
5月10日(火) 19:00から  無料ですが予約が必要です。お急ぎ下さい。
お話しの基となるご本は下記です。
http://www.bunkamura.co.jp/bookshop/topics/post_27.html

林 進(略歴)
2000年文学博士 (神戸大学)。1971年大和文華館学芸員、2002年神戸大学大学院客員教授
を経て、現在、関西大学・大手前大学非常勤講師。(専攻)
▲特別価格で
会場で 林さんの著作(サロンのタイトルになっています)の販売を行ないます。
■■
今日の言葉
街は人々が出会って意見を交換し、理解をし、美しい楽しい時間を過ごす。人々がそこで公共的な空間を使って活動の舞台を作っていく。私たちが街を作り街が私たちを作る。 リチャード・ロジャース(建築家)ヤンゲールに向けて投げかけた言葉。
蝙蝠から
加川プロジェクトでのシンポジウム「震災と向かいあうデザイン」から。
リチャード・ロジャースは1971年レンゾ・ピアノと組んでポンドゥー・センターをデザイン。なんと国立新競技場の海外審査員も務めた。


公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.com