Gallery SHIMADA メールマガジン 1014号

□■□2014年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1014号
         私を衝き動かしているものは何か 
1 蝙蝠日記   続・市民力を考える
2 展覧会案内   稲垣直樹個展 ―時の彼方へ―  
 平田達哉展―記憶のはじまり―
3 古典サロン「能あそび」(全4回)が始まります。(ご予約お急ぎ下さい)
4 今日の言葉 「生きとし生けるものすべての命のために、この踊りを奉納する」

登録、解除は下記から(新しくなっています)
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

面白いと思われたらお勧めください
#################################
蝙蝠日記  私を衝き動かしているものは何か
「神戸市政を市民の目線から考える」連続シンポジウムで話します。
私は表題にも関わらず、市政を考えるというよりも神戸という街における文化的
課題と取り組みにつついてテーマAの「文化の創造性と市民力」で「私の取り組み」
として話します。40分に凝縮するのは難しいのですが、この課題に対し、どのように
「回答」を書いてきたのか、私を衝き動かしているものの正体を話します。
よろしければ聞いて下さい。私は、最初の報告者です。
大震災と市民力
その他の報告者は玉川侑香さん、村井雅清さん、宮定章さんです。
日 時:2014年9月13日(土)午後1時30分〜4時30分
会 場:神戸市立地域人材支援センター多目的室1-1(1階)電話:078-646-8128
2008年、閉校になった旧二葉小学校の校舎を活用したコミュニティ施設
 地図 http://futabasyo.jp/modules/pico/index.php?content_id=31 申し込みは
ファックス:078−691-5985  電話 090―5658−5242 (出口)

すずかけ9月号(兵庫県芸術文化協会発行)に素顔拝見という人気ページがあります。
この号で昨年の兵庫県芸術奨励賞を受賞された二人のアーティストが紹介されています。
須飼秀和さんと久保健史さんです。お二人ともギャラリー島田を発表の拠点とされています。いい、インタビューでした。
■■
展覧会案内   稲垣直樹個展 ―時の彼方へ―   是非、お運び下さい
平田達哉展―記憶のはじまり―  是非、お運び下さい
■古典サロン「能あそび」(全4回)が始まります。
神・男・女・狂・鬼 という能の代表的な役柄を紹介しながら、神戸が舞台となっている
演目を謡い、舞い、じっくり楽しむ4回シリーズです。(島田容子)
詳細は下記のチラシをご覧下さい
http://gallery-shimada.com/salon/?p=169
第1回 9月16日(火) 19:00〜20:30
テーマ「神」 定員 30名 会費:各回¥2000(ASK会員¥1500)4回通し 6000円
講師・演者 林宗一郎
企画・解説 濱崎加奈子
協力 公益財団法人有斐斎弘道館 http://kodo-kan.com/
■■今日の言葉
南三陸町の鹿踊(ししおどり)を伝承されている小さな集落も壊滅したのですけれども、
津波が届かなかった高台に石碑が建っていまして、鹿踊の供養塔なんですね。いまはもう
読めないのですけれども、そこに刻まれている言葉は「生きとし生けるものすべての命の
ために、この踊りを奉納する」というもので、人間だけではなく、人間が生きるために殺
さなくてはいけなかった牛や魚や貝や獣たち、そのすべての命のために、われわれは踊り
を奉納してその供養をするということが書きこまれているんですね。
僕は、そういう生と死をめぐる思想というのが、東北にはこんなに強靭なかたちで生き
残っていたのだということに、とても励ましを受けてきました。それは平泉の中尊寺の建
立願文とほとんど同じことで、敵も味方もない、人間も獣もないのだ、すべての命のため
にこの寺を建て供養したい。宮澤賢治の「原体剣舞連」(はらたいけんばいれん)という詩のなかにも、敵も味方もなく、命というのは1つだというふうに語られている。 蝙蝠から
赤坂憲雄さん。今年1月12日の「加川広重巨大絵画プロジェクト2014」での高村薫さんとの対談での発言から。
この日の講演、対談の記録を「こころざしの縁―東北の復興、福島の復興と日本の未来」
と題するブックレットとしてアート・サポート・センター神戸から刊行いたします。
宮澤賢治の「原体剣舞連」(はらたいけんばいれん)は木下牧子作曲の素晴らしい合唱曲
があり、9月3日の神戸市混声合唱団定期演奏会でも演奏されました。
来年の「加川広重プロジェクト」で演奏できればいいのですが。
#####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊にする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
 TEL&FAX 078-262-8058
発行責任者 島田誠
ホームページ: http://www.gallery-shimada.com
メールアドレス:gallery.shimada@dream.com