Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1150号

□■□2015年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1150号
      
         希望はどこにあるのか
              
1 蝙蝠日記   自分にむけて
2 展覧会案内  山本有子個展 24日から
3 今日の言葉  怒るときに怒らなければ

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

#################################
蝙蝠日記  希望はどこに
そんな希望のないことも頭をよぎるこのごろです。
本屋をとりまく状況がそうであったように、ギャラリーを巡る環境の激変をヒシヒシと
感じています。
どういうわけか危機に奇跡的なことが起こってその事態を乗り越えてきたのですが
今回もなにかが起こるのでしょうか。
加藤周一さんの「希望を失わないかぎり負けることはない」という言葉を、いままでは
多くの人を励ますために私も語ってきたのですが、いまはその言葉を自分にむけなければ
ならないようです。
■■
山本有子個展  始まりました。
薄く流し込むように自然の広がりと生命感を心象として写しとってきた山本有子は技
法上の転換を迫られることにより新しい世界へと踏み出すこととなった。 どこか遠く
からくるインスピレーションではなく、今、リアルに「在る」ことに向かい合うことに
よる発見を見つめることだという。
遠近の複眼的視野を得たことは、かけがえのない位置に立ったということだ。
作家の言葉をどうぞ
http://gallery-shimada.com/?p=3303
なかなか素敵な展示ですね。島田容子がご案内しています。
http://gallery-shimada.com/blog/
▲▲▲▲▲
ギャラリー島田コレクション as museum
こちらもお見逃しなく。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5940
最初の画像の白い塊のような作品が、イギリスで奇蹟のごときことを起こした
山内雅夫の作品です。
11月14日から山内雅夫展です。
■■今日の言葉
怒るときに怒らなければ、人間の甲斐がありません

小宮山量平さんの最後のエッセー集(2006年)『地には豊かな種子を』の帯(表)にある言葉で
す。太宰治が、河盛好蔵という大編集者宛ての手紙に記しています。
蝙蝠から
この前に紹介した言葉
くたびれたら すこし やすもうよ やすんだらむっくりおきて またあるこうよ。
は『地には豊かな種子を』の帯(裏)の言葉だったのです。。

公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393