Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1149号

□■□2015年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1149号
           小さな声を聞く

1 蝙蝠日記   小さな声を聞く
2 展覧会案内  石井一男展 (予告)
         須飼秀和展 (予告) 
3 アジール島田 今日、最終回
4 今日の言葉  五千年後の列島に静かに落ちる雪

登録、解除は下記からお願いいたします。
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

#################################
蝙蝠日記  追いつかない
毎日、読みたいものが溢れて困る。
本屋に寄りたくない。
書評も読みたくない。
買わずにおれないから。
並行して少しずつ呼んでいる分厚い本がある。
お寄せいただくものも限りない。
とりわけ小冊子、マイナーな定期刊行物で心こもったものは出来るだけ読んで感想を伝え
たいと思うけどそれも追いつかない。

休みの日にギャラリーまわりをしながらトンカ書店に立ち寄った。
開店10周年の記念企画を続けていた、多くの知り合いが協力している「ざっくばらんな
古書店」と銘打っているけど不思議な魅力を発散しているところだ。
http://www.tonkabooks.com/
海文堂書店のことでは大変お世話になっている。
案の定、いろんな人に出会ったり、いろんなものに捕まったりして、いろいろと買ってし
まった。
そのなかに「本と本屋とわたしの話」というとても粋な冊子に一目でほれてNo1から
No7までを買おうとしたら頓花(トンカ)さんが、島田さんこれも届いたところですと
取り出したNo8,No9も買った。都合、¥1400円也。
隅々まで気持ちの籠った丁寧でいい作りです。お気楽に三冊目を読み始めたら、気になる
詩人の名前が出てきて驚いた。
以倉紘平さん。
50年前にこの詩人の書き下ろした詩に(当時)気鋭の作曲家、中村茂隆さんが作曲した「二
月のテーブル」を神戸大学グリークラブを指揮していた私が初演をした。これは私の青春
を彩る精魂を込めた思い出の曲で再演をされてきました。
5年前にまったく思いがけず石井一男展の会場で以倉紘平さんのお名前と出合いました。
以倉さんの奥様、星子さんとの出会いでした。その劇的な再会は拙著「絵に生きる、絵
を生きる」のP232-233に書いています。
そうした縁で以倉紘平さんのダンディーな詩集「フィリップ・マーロウの拳銃」も読んで
いたのです。
そしてまた。
「アートエイド神戸」の活動をともにした伊勢田史郎さんのお別れ会が10月12日が生田
神社会館で行なわれた席で以倉紘平さんと50年ぶりに再会したばかりだったのです。
それから僅か1週間のことです。
この小雑誌の以倉紘平さんの詩は「今日の言葉」で。
▲▲
「本と本屋とわたしの話」に限りません。多くの送られてくる、呟きのごとき本にこそ聞
き逃せない声、見逃せない文と出会うのです。
「雲の戸」(山本萌)「紫明」「信濃デサン館ニュース」「山村サロン会報」もっと小さいニ
ュースレターなども。出来るだけ目を通そうと心がけていますが、嗚呼、時間が足りない。
■■
展覧会案内
お問い合わせが増えてきましたので、予告です。
石井一男展、須飼秀和展 二つのギャラリー島田で同時開催です。
石井さんのDMのために作品を選びました。新しい世界へと拡がりつつある予感がします。
うれしい兆しです。須飼さんも変らぬ誠実さで充実した作品を発表します。ご期待下さい。
2015年11月28日(土)から12月9日(水)です。
初日対応など詳細については改めて。
http://gallery-shimada.com/?p=3275
■■
今日です。アジール島田 
10月22日(木)19:30―  ギャラリー4
「なんでも聞いて・・・」
「神戸ビエンナーレ」「お金の集め方」「組織の作り方・壊し方」などなど
http://www.nonogallery.com/gallery.html
お申し込み、お問い合わせは
TEL&FAX : 078-392-2880
■■
今日の言葉
五千年後の列島に静かに落ちる雪を思ってみる
その頃も日暮というものがあるだろう
しかし
灯の入った玄関で
外套(コート)の肩先にかかる雪を払うしぐさや
外の雪を感じつつの夕餉や
帰宅を案じるこころというものはあるだろうか
以倉紘平詩集『地球の水辺』より「雪の降る日」
蝙蝠から
「本と本屋とわたしの話し」 3
とっておきのフレーズ:愛唱詩篇からーその1

公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393