Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1147号

□■□2015年10月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1147号
      イギリスからのうれしいニュース
        
1 蝙蝠日記 奇蹟のごときこと それは希望 
2 展覧会案内 ギャラリー島田コレクション as museum
アンドレイ ヴェルホフツェフ展 ―My Dream 
3 オリヴィエ・ムラン リサイタル 特別ご優待
4 アジール島田 第4回
5 今日の言葉  人智を超えた極限を目指すことを課した生き方は壮絶

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

#################################
蝙蝠日記 
イギリスからうれしいニュースが飛び込んできました。
世界的に実力は評価されていたわけではありませんが
「予想外」「予想以上」の大健闘でしたね。
眠れない思いで緊張して待っていただけに、その結果には感動しました。
??
日本ラグビーの話し??
いえいえ違いますよ。
山内雅夫さんとクリスティーズのことです。

10月14日。イギリス、ケンジントンでのChristie’sのオークションのことです。
ほとんど奇蹟のごときことが起こったのです。
今年に入ってからSotheby’s、Christie’s といった海外のオークション会社からしばしば
コンタクトを受けてきました。
私は海外のアートフェアなどに出展したことはなく、そのコンタクトにも関心は無かった
のです。しかし、今の時代ですから先方もうちを調査した上でのことで何度かこられてギ
ャラリー島田の作家のうち数名がリストアップされChristie’s が最初に取上げる作家として
山内雅夫が選ばれたのでした。
最近はほとんどギャラリー島田(含む海文堂ギャラリ)で、しかも長い休止を置いてしか
発表しないという作家で自分の追及する世界を究めることしか念頭にないのです。

山内雅夫は、私がとても大切にしてきた作家で、高い理想を抱き、誰もなし得ぬ極め付き
の努力を重ねる姿を「絵に生きる、絵を生きるー五人の作家の力」(風来舎)に書きました。
http://gallery-shimada.com/artist/?p=175
▲▲▲
Christie’s が取上げるといっても、海外ではインターネットで検索しても出てきませんし、販売実績もネットや業界のデータベースにもありません。あるのはギャラリー島田のこと だけです。
海外では最初ということで大作は男4人がかりでないと持て無いほど重く、比較的、小さ
い2点を選びイギリスへ送りました。
その評価額もChristie’s が設定したのです。
カタログは「具体」の人気作家を中心に「もの派」と韓国の高名な現代アーティスト。
その間に書くような履歴もない山内雅夫が2点、作品データと評価額だけを1ページに掲載されていました。
▲▲▲▲
時差の関係で15日の朝を、試験の発表を待つようにドキドキしていましたがなかなか連絡
もなく、駄目かと思いながら日本支社に電話すると、2点とも落札され、しかもギャラリー
島田での発表価格よりも高く落札されていたのです。
真っ先に山内先生が絵具代の重圧から解放されることに安堵し、奥様の労苦が報いられる
ことをしみじみと思い及んだのです。
Christie’s がギャラリー島田を選び、山内雅夫を選び、評価をし、買う人は自分の目を信じ、決断する。当たり前のことが当たり前に行なわれた。 そこには純粋に作品を自分の目で、自分の感性を総動員して判断するということ以外の思惑は存在しないのです。
これが奇蹟なのです。
▲▲▲▲▲
明日(17日)からはじまる「ギャラリー島田コレクション as museum」に山内作品は登
場しています。下記の右側のまっ白い作品は山内さん。左の黄色と白の作品は山内さんと認め合った浮田要三さんの作品です。
http://gallery-shimada.com/?p=3279
ギャラリー島田での山内雅夫展2015は11月14日(土)−25日(水)です。
是非ともごらん下さい。
▲▲▲
アート・サポート・センター神戸 後援事業の特別優待
オリヴィエ・ムラン ピアノリサイタル「展覧会の絵」1000円で特別ご優待。
10月28日(水)19:00 開演 灘区民ホール
「フランス流のエスプリの半面、強大な構築力を併せもつ天才。」
日下部吉彦(音楽評論家)が高く評価しています。
日下部さんは50年前の若き日に関西の合唱指揮者の会でしばらくご一緒させていただき
最近、再会することがありました。
プログラム、プロフィールなど詳細は下記を
http://nadakuminhall.net/modules/eguide/event.php?eid=590
一般2000円(前売り) 当日2500円を   1000円で特別ご優待
電話で灘区民ホールへ「アート・サポート・センター神戸から」とお申込み下さい。
神戸市立灘区民ホール ☎078-802-8555
当日、受付受付渡しとなります。
■■アジール島田 第4回
10月22日(木)19:30―  ギャラリー4
「なんでも聞いて・・・」
http://www.nonogallery.com/gallery.html
お申し込み、お問い合わせは
TEL&FAX : 078-392-2880
■■
今日の言葉
「時間の結晶」「思索の結晶」仏教からキリスト教を抱合した「至上のものへの結晶」であり、作家が
生きてきたモニュメント(証)そのものです。
自分を捨て去り、人智を超えた極限を目指すことを課した生き方は壮絶で、その結晶は稀有の光
に輝き、時代を撃ち、時空を超え、無窮の彼方へと繋がっていく。
島田誠 「絵に生きる 絵を生きる」から「白に生きるー山内雅夫」 P74
####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393