Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1134号

□■□2015年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1134号
            Liberte
            自由よ!
1 蝙蝠日記   タロー・シンガーズを聴いて
2 美しき心が繋ぐ志縁の輪  お礼とお願い
2 今日の言葉  和解は過去を「決して忘れない」ことの上に成り立つものである

  
#################################
蝙蝠日記 タロー・シンガーズを聴いて
9月5日、二つの展覧会の初日なのにシンフォニー・ホール(大阪)でのタロー・シンガー
ズ20周年記念リサイタルに行ってきました。
アカペラ(無伴奏)の大きくない規模の合唱団ですが、ほぼ満席で充実したコンサートで
した。プログラムに私が寄稿しています。
・今を生きる佇まい
2014年1月13日 KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸=旧国立生糸検査所)
に「アニュス・デイ」(バーバー)の名状しがたい切実さを湛えた深い祈りの響きが、やが
て夕闇の天空へと消えてゆきカテドラルとなった。背景には加川広重の巨大絵画(5,4m×
15,4m)「雪に包まれる被災地」正面には「南三陸の黄金」。東北と神戸を繋ぐプロジェクト
の一夜でした。この場で是非、今の時代と合わせ鏡のようなポール・エリュアールとプーラン
クの「人間の顔」を、二つの震災をわが事として抱くタロー・シンガーズに歌って欲しいと
切望しました。 信念に満ちてLiberteと歌い切られた時、奇蹟のごとき場に立ちつくすし
かありませんでした。
里井宏次の強い信念によってアカペラの可能性に挑戦し、フロンティアであり続ける矜持が
タロー・シンガーズがあたかも稀有の風格と品格を備えた一個の存在であるように立ち現
われさせ、それがメンバーの脊髄となり、今を生きる佇まいとして喩えようもなく美しい
のです。                             島田 誠

この日もプーランクの「人間の顔」をはじめ私の言葉に違わぬ演奏でした。
http://homepage3.nifty.com/tarosingers/
「佇まい」を象徴する情景。
演奏する前に24名のメンバーが一列に並んでステージに登場します。その最後に
指揮者の里井宏次さんが一緒に入ってきて、指揮者の位置に立ちます。
ほとんど指揮者は皆が整列して会場が静まり返ってから、コツコツと登場するものです。

ここにもタローの佇まいをみました。

詩人ポール・エリュアール(Paul Eluard)が第2次世界大戦中、ナチス占領下のパリで書いた反戦詩。エリュアールに詩を託されたプーランクが抑圧からの解放と自由とを願う思いを込めて作曲されました。 今の時代の空気はその自由への抑圧だと感じています。

美しき心が繋ぐ志縁の輪
 —Fundraising Exhibition for KOBE BUNKA SHIENKIKIN――
いよいよ明日まで。
今日は18:00まで。明日は16:00までです。
ありがたいことに順調にお求めいただいき、目標まで今一歩のところまできています。
あるご夫妻から「こぶし基金」のために寄せられた作品を、手渡しながら芸術文化の
活動を助成していくためのFundraising Exhibitionです。
今日から、いっそうお求めやすい設定にしていきますので、是非、お運びくださり、いい
作品と出会ってください。まだまだ価値のある作品がたくさん残っていますよ。
■■■
今日の言葉
和解は過去を「決して忘れない」ことの上に成り立つものである。
蝙蝠から
先の大戦で日本軍の英兵捕虜虐待の日英「戦後和解」についてのイギリス公使、沼田貞昭
さんの発言。
被害者と加害者の関係で、日本政府は「未来志向」を強調することが多いが、「過去を忘れ
ない」ことの強調の方が、和解を確実なものとするのではなかろうか。
これらの言葉は松竹伸幸「慰安婦問題をこれで終わらせる」(小学館)P159から.

前号の「今日の言葉」での高橋源一郎「被害者の度量、加害者の慎み」も同じ趣旨のこと
です。

「戦争法案」が切迫してきました。私も多くのデモに参加してきました。やむにやまれず
です。しかし、そこで叫ばれる言葉、すべてに同意しているわけではありません。
松竹伸幸が対立の根を丁寧にほぐしていくように、この法案についての対立も丁寧にほぐ
していけるのではないか。それを「私にまかせなさい。悪いようにしません」と言われる
ことに対する危惧、不信は根深いし正しい。
私も叫ぶLiberte!
####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393