Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1132号

□■□2015年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1132号
       みなさんが支える文化の土壌  
        こぶし基金への志縁展

1 蝙蝠日記   美しき心が繋ぐ志縁の輪
2 今日の言葉  被害者の度量、加害者の慎み

  
#################################
蝙蝠日記 美しき心が繋ぐ志縁の輪
 —Fundraising Exhibition for KOBE BUNKA SHIENKIKIN――
神戸のアートシーンをこよなく愛したご夫妻から託された神戸の作家たちの美しい絵画35点。呼びかけに応じて下さった方からの作品を加えて50点をこえる展示となります。 それらの作品をお求めいただき、売り上げをASK(アート・サポート・センター神戸)
を通じて「こぶし基金」(公益財団法人「神戸文化支援基金」)へ寄付する新しい試みです。

作品をアート・サポート・センター神戸へ寄付する。

作品をお求めいただいた売上げを「こぶし基金」へ寄付する。

それが文化活動へ助成されます。
http://gallery-shimada.com/?p=3186


美術品を媒介として兵庫・神戸の文化の土壌を豊かにする循環を生み出す試みです。
・寄付いただいた作品を低廉な価格で販売いたします。
販売価格の15%を管理費とし、85%を「こぶし基金」へ寄付いたします。
「こぶし基金」は23年の歴史をもつ市民メセナとしての財団です。
詳細は下記でご覧下さい。
http://kobushi-kikin.com/

▲▲
志縁展へ出品される作品概要は次の通りです。
西村功「メトロ」(油彩10号)、「モンマルトル風景」(水彩)など5点
小松益喜「福知山線 石生駅風景」(油彩6号)「神戸北区山田町風景」(水彩6号)、
石井一男「女神」「女神たち」「一人立つ」「ふたり」など5点
中島由夫「白夜の顏」(油彩4号)など5点
矢野重弘「エトルタの海」(油彩4号)など3点
元川嘉津美「さくらんぼ」(油彩4号)など5点
上前智裕「無題」(シルクスクリーン) 3点
堀尾貞治「無題」
小笠原将生「待ち受ける未来」(油彩・テンペラ)SMなど2点
菅原洸人「パリの屋台」(油彩SM)「パリジェンヌ」(水彩6号)など4点
大津鎮雄「箱根風景」油彩6号
金子善明「醗酵する時間」ほか
奥田善巳「無題」(油彩)など4点
マティス「ポスター」2点
ミロ「リトグラフ」
アントニーニ「魚とり」水彩
アーリング・ヴァルティルソン「小さな白」(メゾチント)
藤崎孝敏「デッサン」2点
高野卯港「昭和は終わった」(油彩SM)
岡井美穂「陶のオブジェ」
緒方拳「元気」「人と契らば濃く契れ」(書工芸)
永六輔「〇△」(水彩)
渡邉幹夫 「メゾチント」3点
高崎研一郎、河本和子、中西勝 林哲夫、鶴山好一、
杉山知子、佐野小次郎、碓井清司、原秀樹、
会期は5日間です。
価格などのお問い合わせはお断りいたします。(出品者・作家に配慮して)
作品はお持ち帰り可能ですので、早めのご来場をおすすめいたします。
■■■
もう一つの蝙蝠日記「逝きひとへの思い」下記でお読み下さい。
http://gallery-shimada.com/koumori/?p=486
■■■
今日の言葉
ぼくたちの国では不満が鬱積し、その捌け口として、誰かを、あるいは何かを攻撃する
言論が跋扈(ばっこ)している。だが、それは何も生み出さず、この国を走る亀裂を深め
るだけだ。必要なのは「和解」への道筋なのかもしれない。だが、そのためには、相手
を「理解」しようとする強い思いがなければならないのである。
高橋源一郎  被害者の度量、加害者の慎み
####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393