Gallery SHIMADA メールマガジン 1114 号

□■□2015年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1114号
         
伝えたい、大事なこと

1 蝙蝠日記   ウルトラ植物博覧会
2 展覧会案内  根木悟展  今日から
         蓮池もも展 あと5日です。 
3 「War is Over」
4 今日の言葉  ひとの心に植物を植える

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
#################################
蝙蝠日記 ウルトラ植物博覧会
東京で銀座のギャラリー周りをしている時に偶然目に入りました。
ポーラミュージアム・アネックスでした。
看板には名前が書かれていないのですが、これは西畠清順さんに違いないを確信して
3Fの美術館に上がりました。
植物の持つ摩訶不思議な個性と自己表現力は、なまじのアートを超えて魅了します。
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html
8月16日までです。
西畠清順さんはギャラリー島田で銀閣寺花方(当時)の珠寶さんが花を立て下さるときに
珠寶さんに添って手伝って下さいました。
▲▲
ヘレン・シャルフベックー魂のまなざし(東京藝術大学美術館)と鴨居玲展で考えたこと
を書くつもりでしたが出勤時間が迫ってきました。
寝ないで、生きていけないか?
▲▲
昨日の今日の言葉は南輝子さんの短歌でした。
今朝、神戸新聞を広げると南輝子さんの「理想の世界へーイマジンに寄せて」が大きな記
事で紹介されていました。
南さんが歌人としても存知あげ、画家としてはギャラリー島田で発表され、沖縄でも佐喜
眞美術館美術館へ同行しました。
父上がジャワ・ジャカルタで虐殺されたことも前回、紹介した短歌の根源にあります。
この神戸新聞の記事は読んでいただきたいと思います。
沖縄の汗ばむクリスマスで聞いたジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」の話し。
「War is Over」
https://www.youtube.com/watch?v=Yeo6uSMzQtU
■■■■
風雨強まるなか展示作業が続きました。
初登場の根木悟展です。
気持ちのいい空間をスタッフブログで紹介しています。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5717
根木悟さんの言葉です。
http://gallery-shimada.com/?p=3068

蓮池もも展 まだご覧になっておられない方は是非お運び下さい。
▲▲
どんどん届く作品
恒例の夏祭り展、ミニアチュール神戸展が目前です(25日から)。
150人が参加するのです。今年のテーマはずばり「ホワイボン」 です。
「ホワイボン」って何??
http://gallery-shimada.com/?p=3071
▲▲▲
「鴨居玲と神戸」展。(8月22日から)の準備も、どんどんアイデアが出てきて、
頭が破裂しそうです。スタッフの苦労を思い遣ります。
■■
今日の言葉
「伝えたい、大事なこと」(会場のパネルの言葉がいい。その一部)
植物は、アートや文化、科学、宗教、ありとあれゆる物事の素であり、ましてや流行りや
ブームという言葉の入り込むような次元のものではない。この世界で星の数ほど起こって
いる喜びも悲しみも全ての出来事も、貴方の髪の先から貴方の爪の先に異たるまで、すべ
て植物なしでは存在していない。願わくば、そんな当たり前のことをもう一度思い出して
ほしいと思う。
この展示会のあれにとってみなさんへのメッセージ。おれは植物を運ぶことで“価値感”
を運び、これからもたくさんの“気付き”を届けたいと思います。

そら植物園とはひとの心に植物を植える、活動名です。 そら植物園代表  西畠清順

####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。

http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393