Gallery SHIMADA メールマガジン 1074 号

□■□2015年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1074号         
        
          日本は59位  

1 蝙蝠日記  新潟絵屋での石井一男展
2 展覧会案内  サイモン・エヴェリントン展 ―DEMONS―
3 公益財団法人「神戸文化支援基金」からのお知らせ
4 今日の言葉  「世界報道の自由度ランキング 2014」で、日本は59位

登録、解除は下記から(新しくなっています)
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/

#################################
蝙蝠日記 
前号をお読みいただいた読者の方から、ご意見を2通いただいた。ここまで
読んで下さっているかと思うと、うれしくもあり、また身も引き締まる。
その一つはROKU FARM ATALATAのこと。私はただおしゃれで美味しいレストランに
行っただけの感想に過ぎないのですが、日経新聞のKさんから、そこを調査し、可能性と
課題を纏めたレポートをいただきました。
記事は「日経グローカル No263」(2015年3月2日号)です。
震災やその後の被災者支援を経験して、人々の絆や食、一次産業の大切さを痛感した6人
が、農業、漁業生産の6次産業化を通じて地域の再生を後押ししようと開設した。
従業員84名のうち34名はなんらかの障害がある人を雇用しているそうです。
様々な支援や知恵が寄せられているにしても実験店舗をこえて自立した経営にたどり着
くのは容易でないです。「日経グローカル」はその当たりの課題を指摘しているのです。

二つ目は「今日の言葉」で紹介した鷲田清一さんの「価値の遠近法」について、「五つの
言葉は「四つ」であるとういうご指摘をいただきました。本に当たってみると、その通り
でした。ありがたいご指摘でした。再掲いたします。
価値の遠近法
・絶対なくしてはいけないもの、見失ってはならぬもの
・あったらいいけどなくてもいいもの
・端的になくてもいいもの
・絶対にあってはならぬもの     これを見分ける能力
鷲田清一 「東北の震災と想像力」(講談社)cより p228
▲旅の途中
新潟絵屋を訪ねるのは初めてだけど、とてもそんな気がしません。石井一男さんは
12年前まだ無名といったころにお世話になり、林哲夫さん、梅田恭子さん、木下晋さん、WAKKUN、森本秀樹さん、伊津野雄二さんなど12名の作家が重なっています。 新潟絵屋はNPO法人という独特の運営形態をとっておられる。非営利というだけでは
利益のでないギャラリー島田も同じことなのですが。

新潟絵屋での石井一男展は4月2日(木)―-10日(金)に開催されます。
企画は大倉 宏さん。大倉さんの紹介文です。
 石井一男さんの出品作の画像が、ギャラリー島田から送られてきた。
 3つは石井さんのあの「女神」の絵だったが、もう1点「ひとり」と題された違う絵が
あった。白く四周を縁取られた画面に暗い海面らしきものが覗き、波がひとつ、尖った峰
をつくっている。その上方、しぶきが霧になったのか、白いものが流れる中空を小さい鳥
のような人が飛んでいる。
 新潟絵屋での前回の個展は12年前。その時は旗野秀人さんの企画で、私は少し話した
だけだったけれど、石井さんのお人柄ならぬ、お「ひとり」柄が印象に残った。49歳まで
未発表だった画家石井一男の抱え続けた「ひとり」は、島田誠という他者の力で開かれた。
開かれても、なお変わらぬ「ひとり」がここにいるとそのとき感じた。それから12年、
その後の石井さんの絵も、人も見ぬままに、島田さんの依頼を受けて久々の個展を開くことになった。
 絵の「ひとり」を見ると、やはり、石井さんは変わっていないと感じる。変わらないこ
と、変われないことの辛さをかみしめながら、生きている。(大倉 宏)

翌日のこと、帰路のバタバタ。駆け込んだギャラリートークなど、書きたいことはまだま
だあるのですが。
■■■
サイモン・エヴェリントン展 ―DEMONS―
素材感も形態も異形、違和と言っていい。確たる存在感で迫るものがある。
NIGHTMARE(悪夢)に襲われDEMONS(悪霊)に縛られる。 しかしサイモン・エ
ヴェリントンの異形の作品はDEMONSそのものというよりEXORCISMUS(除霊)
されたような不思議な静謐感に満ちている。 みなさんはこの空間で、憑依(取り付か
れる)されるのだろうか、覚醒されるのだろうか。島田 誠
会場風景は下記で
http://gallery-shimada.com/?p=2645
■■■
こぶし基金からのお知らせ
2015年度の芸術文化活動の助成選考会を3月17日に行ないます。
例年2月に行なっていて募集時にもその様に記載していましたが諸般の事情があって
1ヶ月、遅れることになりました。ご了承下さい。
■■■
今日の言葉
国際的なジャーナリストの団体「国境なき記者団」が2月12日に発表した「世界報道の自由度ラ
ンキング 2014」で、日本は59位となり更に順位を下げた。2010年は11位と世界でもトップクラ
スの自由度を誇っていたのにである。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/11/world-press-freedom-index-2014_n_4771424.html

泣き笑いして
「##################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊にする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸