月別アーカイブ: 2019年11月

■□■□2019年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1516号 11月13日

■□■□2019年11月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1516号 11月13日

         異なる個性に響き合う空間
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 展覧会へのお誘い  三つの楽章を織りなすシンフォニー

2 今日の言葉
   戦争の記憶を有するひとが一人ふたりと地上から消える 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 展覧会へのお誘い
==================================
三つのまったく世界を異にする作家たちが
独特の世界を発信しています。
そしてここで初めてであった作家たちが、どこか響き合いながらギャラリー
という時空をなしていることに気づきます。

三つの楽章を織りなすシンフォニーに見たててお楽しみください。

ご案内役は三人のスタッフが務めさせていただきます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
BF un
花井正子 あかるい虚無tres y 詩   11/20(水)まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――
今を時めく廣村正彰(デザイナー)さんをお迎えしてのトークも楽しそうで
すね。
淡々とした廣村さんの姿ですがとても大切なキーワードが・・・
花井さんにお尋ねください。

言葉(詩)とともに緻密に構成された会場風景をご覧ください。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9233

作家の言葉と島田の言葉です。
http://gallery-shimada.com/?p=6491

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1F deux
細馬千佳子展 −物質の解放−The inside The outside
11/20(水)まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――
封に始まる。封を開く。

前回のご紹介ページが誤っていました。お詫びいたします。
http://gallery-shimada.com/?p=6494

[細馬千佳子 ライブパフォーマンス]
11月9日(土)に行われましたが緻密に構成され準備されながら。
安藤忠雄のこの場所。
美しく、また厳しいフォルムと緑豊かな二本の大木。晴れ渡った空。
パティオに吹き渡る風。
そこを舞台として美しい所作で・・・
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9231

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1F trois
高木さとこ展 サーカディアン・リズム   明日11/14(木)まで
――――――――――――――――――――――――――――――――――
作家の言葉はこちら。
http://gallery-shimada.com/?p=6497

好きなもの、愛着のあるもの、おもしろいもの、独自の感性で大切にコレク
ションされたものたち。
玩具、人形、置物、が絵の中に登場人物として描かれています。
その背景にはこれまた独自のイマジネーションの物語が流れていて、それは
こわいような、せつないような、おもしろいような、色々混ざってそこにあ
るように思います。

スタッフブログがその不思議な魅力をお伝えします。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9224

==================================
2 今日の言葉
==================================
政治家ばかりが劣化したのではない。
経済優先にがんじがらめになったわたしども国民の知的劣化はそらおそろし
い。
そんな折、戦争の記憶を持つ当事者が途絶えはじめる。
この時とばかり、為政者は安全保障感をあおり、記憶のない国民はあおられ、
再び戦争は勃発する。
今まさに、その時期である。
だから、戦争の記憶を有するひとが一人ふたりと地上から消える今こそ、彼
らに息を吹き、死者を目覚めさせ、その息を受けつがねばならない。

季村敏夫

 下記からの引用
 http://www.jimbunshoin.co.jp/rmj/dansho.htm

昨日の季村敏夫さんのプロデュースースによるサロン「港大壽ライブパフォ
ーマンス」は、刻々と集中と緊張が伝わりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2019年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1515号 11月8日

■□■□2019年11月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1515号 11月8日

          すべてに感謝  そしてよろしく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 すべてに感謝

2 展覧会へのお誘い  三つの展覧会 が始まります

3 サロンへのお誘い

4 今日の言葉    With a hot heart and I have a head cold 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 疾風怒濤の日々 そしてこれから
==================================
松谷武判さんにプロデュースしていただいた「四人展」は充実し、
多くの出会いがあり、

なによりお人柄も含めて目を開かれる日々でした。
作品はもちろんですが、「人が人としてある姿」の美しさをスタッフ共々、
教えていただきました。

昨日、三つのギャラリーの撤収作業を終え、
今日は三つのギャラリーでの展示作業です。

クレイジーです。

大切なサロンやパフォーマンスも。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
今日は概要だけをお知らせいたします。
三つの個性あふれる展覧会が始まります。
パフォーマンスありサロンあり・・・

BF un
花井正子 あかるい虚無tres y 詩     11/9(土)〜20(水)
  http://gallery-shimada.com/?p=6491

1F deux
細馬千佳子展 −物質の解放−The inside The outside
         封に始まる。封を開く。 11/9(土)〜20(水)
  http://gallery-shimada.com/?p=6497

 [細馬千佳子 ライブパフォーマンス]
  11月9日(土)15:00〜 予約不要・無料
  是非、お運びください。
  http://gallery-shimada.com/salon/?p=416

1F trois
高木さとこ展 サーカディアン・リズム  11/9(土)〜11/14(木)
  http://gallery-shimada.com/?p=6497

==================================
3 アート・サポート・センター神戸から
==================================
第375回 神戸塾 土曜サロン
ギャラリートーク 花井正子× 廣村正彰(デザイナー)
 日時:2019年11月9日(土)17:30〜
 会場:B1 un にて
 参加費:無料【要予約】

廣村正彰は人気デザイナーであり、尊敬を集められている方です。
詳しくは下記で
http://gallery-shimada.com/salon/?p=414

第377回 神戸塾 火曜サロン
港大尋ライブパフォーマンス「トゥーンベリさんへの音楽による応答」
港大尋(作曲家・ピアニスト・プロデューサー)と澤和幸(ギタリスト)を
迎えて。
 日時:2019年11月12日(火)19:00〜20:30
 会場:B1 unにて  予約  \1500

詩人の季村敏夫さんのプロデュースによるサロンです。
深い思いを伝えます。
その思いとは・・・下記で、お読みください。
http://gallery-shimada.com/salon/?p=418

==================================
4 今日の言葉
==================================
 With a hot heart and I have a head cold 熱い心と冷たい頭を持て

 Even if cultures, religions and beliefs are different, what’s important is saving the lives of people who are suffering.
 Peace that exists solely in your country is no peace, because every nation’s fate is bound up in that of others.

文化、宗教、信念が異なろうと、大切なのは苦しむ人々の命を救うこと。
自分の国だけの平和はありえない。世界はつながっているのだから。

緒方貞子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2019年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1514号 11月4日

■□■□2019年11月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1514号 11月4日

          アーティストストが招く 四人展
           6日(水)16:00まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 堀尾貞治さんが亡くなられて一年

2 展覧会へのお誘い   展覧会へのお誘い 福島千佳展 オドロキマス 

3 今日の言葉   作品はその人の精神に等しくあるものだと思う
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 堀尾貞治さんが亡くなられて一年
==================================
「堀尾貞治 神野立生 ダニエル・ポントロー 松谷武判 四人展」
展覧会は6日(水)16:00までです。
お見逃しなく。お急ぎ下さい。

11月3日でした。
あれほど精力的に展覧会を行い、かつ見て歩かれた堀尾さん。
あたり前の事が当たり前でなくなった日。

こうして書いている手が止まります。
堀尾さん  と  小さく呼び かけ ます・・・

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
福島千佳展
――――――――――――――――――――――――――――――――――
不思議な魅力を湛えた福島千佳。
ギャラリー島田40周年の昨年2月、初登場で見事な結果を出し、それに甘ん
じることなく、破天荒なスウェーデンの中島由夫アトリエにレジデンス。
二度までも。
「越え」「融合させ」・・・

賑わっているのです。
初日、最初の売約はスウェーデンから。すでに福島作品をコレクションされ
ている方からの電話によるもの。
大きな作品を買われた若いご夫婦は、偶々、通りかかりとのこと。

え? と思われる方は
スタッフがブログでご案内いたします。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9202

ブログ写真 三枚目の三つ組の作品(タイトルは「風 人 天」)がスェー
デンから注文のあった作品です。

あらためて作家コメント、会場風景をご覧下さい。
http://gallery-shimada.com/?p=6488

==================================
3 今日の言葉  堀尾貞治の言葉
==================================
やれんということはない、やる気が無いからやらんので
自分がこうしたいと思ったことをやってあたりまえ
作品というものが嘘なら自分も嘘で
作品はその人の精神に等しくあるものだと思う

どこを切っても金は金。木は木、砂は砂、石は石である生き方
一つの考えが出来たらそれに向かってやっていくと、
考えを超えたことが超ってくる。 

2007年2月9日 

本当の仕事は動かなくて出来なければならない
まったく人と同じ作品が出来た時、自分の中から生まれたものならそれはオ
リジナルなものだ。
人の作品はよく見る。人の話はよく聴く。
自分で体験しなくて教えられること。
自分の体験として生かす。
よい映画や本、絵を見ると無性に嬉しくなって元気になることがある。
喜びは疲れをとり意欲へと高まっていく。だからよい仕事をしたい。 
 
2007年2月10日 

40年生きてきたら40年がそのままある コピーと同じである
お金も時間も場所もなにも無い条件の中で耀く仕事がある
自分の生まれ育ったところから離れると、
生まれた所で起こった事がよく分かる
美術館、画廊、美術書、海外等 いろいろ見たり聞いたりなどしたが、
ほんとうに物が見えるのは、じっとしていて見える時だ 

2007年2月10日

超える。量でも、大きさでも、なんでも自分が持っているスケール(がある
とするなら)それを超えていることよりよく解ってもらう為にこうゆうふう
に、あんなふうに、こうすれば、こうしておけばと盛り沢山描きこみ、
納得して作品が出来上がったと思うが、それは見る人を混乱させてしまう。
逆に一つ一つ消していってこれ以上不親切な絵はないというところまでいく
と。かえって親切な作品になっている。   

2007年2月9日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2019年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1513号 11月1日

■□■□2019年11月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1513号 11月1日

         アーティストストが招く 四人展
  賑やかに Vernissage
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 アーティストストが招く 四人展 から

2 展覧会へのお誘い  福島千佳展 明日(11月2日)から 

3 今日の言葉   人々がお互いを思いやることこそが、
          人間の最も人間らしいところだと思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 Vernissage/オープニング
==================================
「堀尾貞治 神野立生 ダニエル・ポントロー 松谷武判 四人展」
大変、にぎやかに 趣向をこらして たくさんの皆様が集い
交流の時を過ごされました。
その風景をスタッフが報告します
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9186

四人展も後半を迎えます。
お見逃しなく。

11月3日は堀尾貞治さんの命日です。

堀尾さんの作品の数々ともお出会い下さい。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
福島千佳展   明日(11月2日)から 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
2018年2月。ギャラリー島田40周年に初登場、衝撃的なデビューを果たした。
その後、破天荒なACTION PAINTINGで知られる中島由夫のSwedenでの長期に
わたるレジデンスに2度わたり参加。みずからの限界を打ち破る努力を重ね
てきた。細密さと、大胆な色彩との融合。飽くなき挑戦に敬意を捧げる。
http://gallery-shimada.com/?p=6488

ご期待下さい。

==================================
3 今日の言葉
==================================
難民問題は私の高等弁務官時代よりも量・質ともにより深刻になっている。
重要なことは苦しんでいる人々に関心をもち、思いを寄せ、行動をとること
だ。人々がお互いを思いやることこそが、人間の最も人間らしいところだと
思う。

緒方貞子
(2016年10月「朝日地球会議2016」で)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━