月別アーカイブ: 2018年9月

■□■□2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1438号 9月15日

■□■□2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1438号 9月15日

           聴くということ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記 「JOMONの面影」

2 展覧会へのお誘い
  重松あゆみ展 「JOMONの面影」  本日15日から
松浦孝之展 疾走し失踪する謎の天才作家   本日15日から

3 サロンへのお誘い
  重松あゆみ展 関連サロン
  9月15日(土)15:00から 重松さんに聞く「何故縄文なのか」 島田誠
  9月22日(土)15:00から 重松あゆみと須浜智子「自作を語る」
いずれも無料、予約不要 会場 ギャラリー島田 BF1

4 今日の言葉               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   聴くということ
==================================
過ぎ去りしものは取り戻すことはできないが、これだけは取り戻したい。
それは私にとっては音楽を聴く耳だ。
いや、コミュニケーションすら難しくなっていきている。

電話が聞き取れない。
会議も難しい。
このことをgallery Information9月号の蝙蝠日記に書いた。
http://gallery-shimada.com/koumori/?p=619

様々なアドヴァイスをいただいた。
ありがたいことです。
諦めることなくトライしてみよう。

でも孤独であることは嫌ではない。むしろ好むところだ。
付き合いの悪い奴だ!
ごめんなさい。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
重松あゆみ展 「JOMONの面影」
――――――――――――――――――――――――――――――――――
重松さんの個展は1993年に初めて手掛け、その「不快感のある快感」を秘め
た作品に見せられてきた。その2年後の震災で身近に置いていた作品が壊れ
たりもしたが、その独特の作品は現代陶芸の世界で異彩を放ち2016年は「陶
磁協会賞」今年は「京都美術文化賞」を受賞するなどTop Runnerである。
今回はJOMONの面影をテーマにさらに特異な世界を造形している。

作品について、その思想から技法に至るまで
スタッフ(S)がレポートしています。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7968

――――――――――――――――――――――――――――――――――
松浦孝之展
――――――――――――――――――――――――――――――――――
疾走し失踪する謎の天才作家
ギャラリー島田コレクションによる松浦孝之展ですが
作家と連絡がとれません。
でも技術的にも表現の深さにおいても天才的な才能を感じさせます。
でもその作家の正体としての「今」は杳として知れない。
???????????????????????????
9月15日から20日です。
お見逃しなく。
設営風景とともにスタッフ(M)がユニークな解説を
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7978

==================================
4  今日の言葉
==================================
芸術は全人間的に生きることだ。
わたしは絵を書くだけの職人にはなりたくない。
だから民族学をやったんだ、わたしは職業分化にたいして反対だ。
わたしは画家にも彫刻家にもなりたくはなかった、ほんとうは思想家になり
たかった。(P2から)

岡本太郎 1952年2月、縄文土器に出会った衝撃を「四次元との対話―縄文土
器論」として『みづゑ』に発表

芸術はきれいであってはいけない。うまくあってはいけない。
心地よくあってはいけない。それが根本原則だ。

岡本太郎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□ 2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1437号 9月8日

■□■□ 2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1437号 9月8日

          アーティーチョークとレモン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  堅牢と鮮烈

2 展覧会へのお誘い  日下部直起展 「イタリアの光跡」
            荒木きよこ展 「Four Seasons」

3 今日の言葉  まだ 生きてゆけそうな 気がするんだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記   堅牢と鮮烈
==================================
自然が地球的な危機をつたえている。
それは複合汚染であり
そのもとは人であり
それは私たちの今のありようだ。

私ももっと深く・・・
簡素に
もっと

==================================
2  展覧会へのお誘い
==================================
植物
そして食物に喩えれば
アーティーチョークとレモン
日下部直紀展は半ばを過ぎました。
アーティーチョークは日下部さんの作品に多く登場します。
形態からして堅牢。とても食用植物に見えませんが料理には大変な手間ひま
がかかり食べるところはごくわずかだが絶妙だそうです。
そして媚薬?
日下部さんの世界に通底している。

日下部直起展「イタリアの光跡」 は12日(水)まで
作家の言葉と会場風景は下記で
http://gallery-shimada.com/?p=5444

檸檬に喩えれば
口中に鮮烈に果汁が拡がり、瞳孔も目いっぱい拡がりしゃきっとする。
「酢っぱ!」といいながら幸せ。

荒木きよこ展「Four Seasons」 9/8(土)〜13日(木)がはじまりました。
摩耶山の麓、、、、、 木漏れ日からの季節風 〜
小鳥たちが、庭のジュンベリーの実を食べにやって来る
一番好きな初夏の朝。。。。
移ろう時と共に姿を変えるFour Seasonsの旋律が、真っ白なCanvasに鮮やか
な色を奏でてゆく。。。。。

会場風景をどうぞ
http://gallery-shimada.com/?p=5450

爽やかさと強さが共存する画面。
その魅力をスタッフ(H)がblogで伝えます。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7959

是非、お運びください。

==================================
3 今日の言葉
==================================
希望だけでできている
うつくしい星
というものが 何処かに
生れている
としたら
まだ 生きてゆけそうな
気がするんだ

(山本萠クレパス画カレンダー 2018年9月から)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1436号 9月6日

■□■□2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1436号 9月6日

            志水克子さんを偲ぶ会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記   明日 ギャラリー島田で

2 今日の言葉  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   「志水克子さんを偲ぶ会」のご案内
==================================
志水克子さんと言ってもご存じない人がほとんどでしょう。
私が海文堂書店の社長を務めていた27年間、事務職として勤めて下さってい
ました。

私が辞したのが2000年。
志水さんが94才で亡くなられたのが2017年9月7日でした。

亡くなられて、思いがけず、私に遺贈が残され、公益財団法人「神戸文化支
援基金」へ寄付しました。

御葬儀はお身内の方がおられず、海文堂の仲間で執り行いました。

その後、遺品を整理していると、広い交友関係をお持ちだったことを初めて
知り、1周忌にあたる明日、7日(金)に 小さな「志水克子さんを偲ぶ会」
を持つことにいたしました。

志水さんが丁寧に作っておられた2010年の名簿でご案内させていただきまし
たが、その他にもお知り合いの方もいらっしゃると思います。

この機会に是非ともお別れをしていただきたいと思います。

志水さんが遺され財団へ寄付された多額の遺産についてもお話しいたします。

日時:2018年9月7日(金) 12:00〜16:00 (随時お越しください)
会場:ギャラリー島田 1F trois

会では、晩年の志水さんのご様子などを島田誠が随時お話しをさせていただ
きます。

平服でお気軽にお越しくださいませ。
一切のお心遣いは不要にお願いいたします。

==================================
2  今日の言葉
==================================
手押し車の若者

失われた愛をたしかめあうのも
いい、それぞれの受けた傷をいたわるのも。
だが、中にいるのが重荷だったら、
外にすべてを出せばいい。

窓を開け放て。人ごみにじぶんで
降りて行け。ちょっとしたことで、
うまくいく。いきものを見る、ゲームとか、
ブルー・ジーンズの、

手押車をおす若い労働者とか。
道を開けろと大声でどなり、
ちょっとでも下り坂とみると、
走るどころか、飛ぶ。

その時間、街にあふれる人びとは、
避けるけれども、黙ってなどいない。
そのうえを、がらがらと手押車の音と怒声が。
からだを揺すって、彼は歌う。

(ウンベルト・サバ詩集 (須賀敦子訳) P74-75)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□ 2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―号外 9月4日

■□■□ 2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―号外 9月4日

    
@@@@@@@@ 号外 9月4日  @@@@@@@@@@@

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台風21号が直撃する可能性があります。
本日は臨時休業とさせていただきます。
皆様におかれましても、十分にご注意ください。

尚、
台風一過で交通機関なども復旧した場合は営業を再開することもあります。
事前にお電話でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガの配信停止を希望される方は下記からお手続きください。
バックナンバーも下記でお読みいただけます。
メルマガ登録・解除フォーム http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信元・お問合せ: ギャラリー島田、アート・サポート・センター神戸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX 078−262−8058
HP http://gallery-shimada.com
BLOG http://gallery-shimada.com/blog/
MAIL info@gallery-shimada.com

■□■□ 2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1435号 9月2日

■□■□ 2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1435号 9月2日

        「縄文」展へ行ってきました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  いろんなことがありました

2 展覧会へのお誘い  日下部直起展 「イタリアの光跡」
            倉富泰子展 「HER」

3 今日の言葉  手押し車の若者 ウンベルト・サバ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記   「縄文」展
==================================
東京国立博物館は長蛇の列でした。
この報告は次号で。

ギャラリー 枝香庵(銀座)での井上よう子展。昨日から。
その展示風景も見てきました。
よろしければお運びください。
https://echo-ann.jp/
井上さん、頑張っていますね。

==================================
2  展覧会から展覧会へ
==================================