月別アーカイブ: 2016年11月

2016年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1266号       11月5日

                                                                                                      □■□2016年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1266号       11月5日
                                              
1 蝙蝠日記   何にも知らんかったわ
       
2 神戸文化祭  コラージュされた私の顔 アリガトウ

3 展覧会案内  藤飯千尋展 Resentment〜その向こう側
         明日、5日(土)から

4 今日の言葉  なぜブリスベンのクライアントは島田陽を発見したのか。

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
=========================================

蝙蝠日記  何にも知らんかったわ

身内話でごめんなさい。
今朝、井上よう子(画家)からお祝いのメールが届いた。
「House in Hamiltonが、オーストラリア建築家協会の2016年新築住宅部門で、
National Commendationを受賞」とある。
島田陽が設計した家であるには違いない。
???
知らんわ。
早速、その連れ合いの容子さんに聞いたら「そうですかー」とまだ知らなかった。
夜、遅く島田陽が自分のFACEBOOKに書いたようだ。
しかたなくFACEBOOKをやらない私が陽に友達リクエストをする羽目になった。

なぜか「賞」に恵まれているが、事前に授賞するかも知れないという話を聞いたことがない。
オーストラリア建築家にとってはアカデミー賞のような晴れ舞台で、ノミネートされた候補は
正装で参加し、そこで発表、表彰されるのだそうです。
この仕事の現地のパートナーが出席。
どんな建築なの?
house in hamilton shimada yo
で検索してみてください。

11月になりましたね。
石井一男展  須飼秀和展  が26日(土)から始まります。
間もなく詳細を発表いたします。
■■
ギャラリー島田での神戸文化祭2016 ーナンデモナイヒオメデトウー
なかなかにぎやかに終了しました。
マキコムズさんというユニット(二人)が私たちのトークの間、隅に座って、忙しく
手を動かしているなあと思っていたら、なんと終わったら私の顔をよく特徴を掴んで、コラ
ージュで作って下さっていたのです。
驚きました。
ありがとう。
神戸文化祭のFACEBOOKでご覧いただけますし、6日までギャラリー 島田Troisに飾ってい
ます。
■ 
展覧会案内
藤飯千尋展 Resentment〜その向こう側  
ギャラリー島田今日 5日(土)から10日まで
思い出した。私はもともと憤りという感情に折り合いをつけるために描き始めたのだった。
自分自身に。他者に。世間の理不尽な出来事に。世界で起こる紛争や戦争に。
もうきれいに描こうとするのはやめてResentment(憤り)の奥にあるものを探りたい。
藤飯 千尋
http://gallery-shimada.com/?p=4036

ギャラリー 島田での個展を重ねる藤飯千尋は様々に挑戦しながら「きれいごと(本人の言)」
だった。今回はその覚悟を見せてくれた。

作品のタイトルを羅列すれば、反社会的過激ロックバンドのアルバムのようだ。

マグマは溜まりつづける  Resentment〜その向こう側  閉ざされた世界 荒海 
行くあてのない旅路  果てしない荒野の中で 暴力の連鎖 Resentment〜憤り
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6747

個展の相談にきた藤飯千尋が差し出した作品を手にして、しばらく声が出なかった。
今までの「Landscape」から「Innnerscape」へと拡がり、祈りの世界を表出してきたのとは
はっきりと違う濃密で激しさを孕みこんだマチエールに。どこか切迫した気配。

昨日、展示を終えた空間で感じたことは思いがけなくcatharsis(カタルシス)でした。
なぜか?
それは作品の前で、どうぞ感じてください。

■■今日の言葉
なぜブリスベンのクライアント、スティーブ・ミノンは島田陽を発見したのか。
そして現地のローカルアーキテクツのポール・ホットストンはこの風変わりな住居を
パートナーとして、どのように受け止め、完成させたのか。
それぞれの言葉が陽の言葉と響き合ってとても美しく、温かい。
このプロジェクトを呼んだのはネットで見た「六甲の住居」だという。

今回の受賞の対象となったHouse in Hamiltonについて書かれたくだりは
島田陽 「日常の設計の日常 Everyday Design Everyday」(P36-41) LIXIL出版
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.commailto:info@gallery-shimada.com

2016年11月  Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE   Info―1266号 

                                                                      □■□2016年11月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1266号         11月 3日
              
              ナンデモナイヒオメデトウ
                  
1 蝙蝠日記  ゆるゆると、みなさんとも
       
2 神戸文化祭へどうぞ  今日、15:00から 上村亮太さんをお迎えしてトーク
      

3 展覧会案内  内藤絹子展  祈りの言葉 2016
池内悦子展  飛ぶ種 走る潮   今日まで

4 今日の言葉 我死んだら、埋めず焼かず野に捨てて、やせたる犬の腹を肥やせよ

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
=========================================

蝙蝠日記  ナンデモナイヒオメデトウ
いつもしかけられた事 もの。
でもふだんどうりであったり、あたりまえであったり。
それがすてき。
そんな発見をつなぐ神戸文化祭ってなに?
記憶に残る思い出の場所。 大好きな場所。気になる場所。神戸の魅力
みなさん、それぞれの思いを。
今日、15:00から魅力発見人、上村亮太さんをギャラリー 島田Troisにお迎えして
林淳子さんと私で、ゆるゆると、みなさんとも、「私のこうべ」をお話ししましょう。
約、1時間ほど。
神戸ゆかりの風景や人に囲まれて。
(今回の展示は11月6日まで)

石井一男さんの初個展(1992年)の作品もごらんいただけます。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6715
■■
■ 
展覧会案内
内藤絹子展  祈りの言葉 2016
静かに語りかける 声のない声が語る
深く耕された色 風も雨も孕み込んだ大地のごとき面
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6731
池内悦子展  飛ぶ種 走る潮
今日、⒗:00まで。お見逃しなく。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=6722

■■今日の言葉
「我死んだら、埋めず焼かず野に捨てて、やせたる犬の腹を肥やせよ」
学生時代、あいりん地区でであった落書きに衝撃を受けた。 内藤絹子

蝙蝠から
内藤絹子の現在の表現に突き動かした原点です。
今も自然とともにあり土地を耕し、アトリエに戻り、気がついた言葉をノートに記す。
その言葉は種に過ぎず、読み取り、理解するためのものではない。
私たちが心に受け取り、育て、はじめて何者かが生まれる。
私たちは内藤の大地を美しいと感じ、耕された跡、芽生えはじめたもの、豊かに含まれた
光や水を感じ、内なる私が受け止め、育てる。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
銀行からのご寄付の場合は必ず、お名前、ご住所などをメール・FAXなどでお知らせ
下さい。
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393
■発行元 ギャラリー島田・アートサポートセンター神戸
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX  078−262−8058
HP  http://gallery-shimada.com
MAIL info@gallery-shimada.commailto:info@gallery-shimada.com