月別アーカイブ: 2015年7月

Gallery SHIMADA メールマガジン 1111 号

□■□2015年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1111号
          ぞろめの日に
蓮池ももの才能
1 蝙蝠日記   1111号
2 展覧会案内  蓮池もも展        11日(土)から
         中西勝先生を偲んで    11日(土)から
3 今日の言葉  すべての道行くものよ、立ち止まって見て見なさい
(エレミアの哀歌から)

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
#################################
蝙蝠日記  1111の意味
私たちはみなひとつであり、
誰もが皆思考を通じて結びついています。
考えることに注意し、恐れではなく、
望みのほうに意識を集中させてください。
エネルギーの通り道が開きました。

上の言葉は「ぞろめ1111」を調べていて出てきました。
展示の魔術師、大倉宏さんが一日がかりで「蓮池もも」さんを。
展示中の大倉さんの姿です。
http://gallery-shimada.com/blog/
▲▲
大倉宏さんのガイダンスです。

1蓮池ももは新潟に生まれ、独学で描き、20代 前半の2006年から、新潟の画廊で発表し
てきました。今回が初の違う町での個展になります。
この10年の軌跡を紹介します。
2 発表初期の絵には、はての見えない平原とそこを行く少女の姿が、多く描かれました。
あてなくさまようのでも、 何かにまっすぐ向かうのでもない。不可知の声に呼ばれ、導か
れるような、孤独で、決然とした旅の光景。
分身のような少女がときにあらわれ、道連れになります。
3 20代半ばから、絵に「揺れ・さわぐ」気配があらわれます。
2011年の個展では「聖域」と題された人影のない、磁気を帯びた情景があらわれ、ついで
「ほろびのち」と題された触 覚的画面と、不動が動く「歩く木」の強烈なイメージが湧出
し、見続けてきた人々をおどろかせました。
4 以後、毎年その制作は様相を変えてきました。光る人。子供の登場。紋様。大地は湿
地へ変貌して人を迎え、沈め、2015年 の発表では「河」「島」と題された不思議な水と土
のシリーズへと展開してきました。
会場風景は下記で
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5707

■■
11日(土)17:00から  是非、お運び下さい。
蓮池ももさんのトークです。
大倉さんが久ぶりに新しい才能との出会いという蓮池さん。そして同じ仲間としての若い
作家のみなさんに是非、一緒に語り合っていただきたいと願います。
島田誠が聞きます。
そして簡単な交流の場を持ちたいと思います。
■■
中西勝先生を偲んで ギャラリー島田コレクションによる中西勝展 
http://gallery-shimada.com/?p=3060
久坂葉子の肖像や中西先生の安井賞受賞のころの作品をコレクションから。
こちらも大きな反響をいただいています。
会場風景は下記で
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5691
■■
今日の言葉
O vos omnes, qui transitis per viam. Attendite et videte: si est dolor similis sicut dolor meus. recordare Domine, intuere et respice.
おお、すべての道行くものよ、立ち止まって見て見なさい
私の苦しみに似た苦しみがあるかどうかを
神よ、憐れみ給え、そして心に憶えたまえ
「エレミアの哀歌」は、旧約聖書の時代に、予言者エレミアが、エルサレムが焼き尽くされ、バビロ
ニアへ囚われたことを嘆いて綴った歌とされます。
蝙蝠から
故郷を追われた福島のみなさんに重なります。

####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。

http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393

Gallery SHIMADA メールマガジン 1110号

□■□2015年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1110号
       
蓮池ももさんを迎えて

1 蝙蝠日記   『本への偏愛』ありがとうございました。
2 展覧会案内  蓮池もも展        11日(土)から
中西勝先生を偲んで    11日(土)から
3 今日の言葉  また、会おう、群青の町で

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
#################################
蝙蝠日記  「海の本屋のはなし」
楽しい2週間を過ごさせていただきました。
正式には7月7日発売。
2013年9月に閉店した「海」と2年後の七夕で再会したということになりました。
発売前の予約が1000冊に達したというのも驚きですし、多めに手当てしたつもりの
私たちも売り切れ状態となり、再入荷しました。
「本への偏愛 Partiality for Books」展も多くの方がゆっくりと見ていただきました。

新潟絵屋、新潟砂丘館の大倉宏さんから新しい才能の発見と2年前から薦められてきた
蓮池ももさんをお迎えします。
新潟県外では初めての、しかも回顧展的にその歩みを振り返るものになります。
昨日、大倉さんと蓮池さんが到着され、今日(9日)ゆっくり時間をかけて展示空間を
構成します。
大倉さんの空間構成はいつも素晴らしいので、これも見どころです。
蓮池もも展については下記で
http://gallery-shimada.com/?p=3013
大倉さんの評ですが、3年前です。もっと展開しています。
http://www.sakyukan.jp/clip01/clip53.html
▲▲
11日(土)17:00から
蓮池ももさんのトークです。
新しい才能との出会い、そして同じ仲間としての若い作家のみなさんに是非、一緒に
語り合っていただきたいと願います。
島田誠が聞きます。
そして簡単な交流の場を持ちたいと思います。
■■
中西勝先生を偲んで —ギャラリー島田コレクションによる中西勝展 
http://gallery-shimada.com/?p=3060
久坂葉子の肖像や中西先生の安井賞受賞のころの作品をコレクションから。
■■
今日の言葉
また、会おう、群青の町で
https://www.youtube.com/watch?v=HdLc5qlj_8g
福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市小高(おだか)区は、東
日本大震災による原発事故のため全住民が今なお避難生活を余儀なくされており、小高中
学校も市内の別の学校に間借りをして授業を行っています。
「群青」は、その小高中学校の生徒たちが、離ればなれになってしまった仲間を思って、つ
ぶやいたり、書き留めた言葉の数々を同校の小田美樹教諭が綴って曲をつけた作品です。

####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393

Gallery SHIMADA メールマガジン 1109号

□■□2015年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1109号
       一気に読んでしまいました

1 蝙蝠日記 「海の本屋のはなし」 
2 展覧会案内 友定聖雄 Glass Works   7/9まで
3 七夕の日に SUNABA GALLERYで松村光秀を
4 今日の言葉 世界報道の自由度ランキング2015
顕著な問題のある国
登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
#################################
蝙蝠日記  すこし長い本ですが
「一気に読んでしまいました」という感想が次々に届いています。
著者の平野義昌さんが7日(火)に在廊されますが、この日が正式な刊行日です。
「本への偏愛展」は8日(水)16:00までです。
会期終了後もこの本はずっとギャラリーで販売いたします。
感想をお寄せ下さい。平野さん、苦楽堂さんに伝えます。
▲▲
一昨日、後藤正治さんが来られ「言葉を旅する」と「奇蹟の画家」に署名をいただきまし
た。小部数ですが、こちらもどうぞ。
■■
友定聖雄 Glass Works
昨年、父が天に召されました。大戦を生き延び、「本」を愛し、ひたすら真面目に、誠
実に働き抜いた男でありました。
父の臨終の時、ふと彼からのあるメッセージを感じました。命が消え行くその瞬間、
私は今にも開花する蕾のようなイメージが頭にうかんだのです。
父はどのように生き、何を感じたのか? それは、私自身への私の問い掛けでもあり、
私の後に続く者への父からのメッセージでもあります。
私が作るガラスの塊たちは、父から継承された「意識」が私を通し、形になったのか
もしれない。
そんな事を感じながら、硬い蕾の花びらを一枚一枚開 いていくように、ガラスに光を
与えてゆく作業を繰り返しています。
友定さんの言葉です。
作家と一体となって神の領域を抱いたオブジェのように感じます。
島田容子がブログで紹介しています。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5681
是非、お運び下さい。
ちなみに去年のレポートも「こちら」をクリックしていただくとご覧いただけます。
■■
7月7日(火) SUNABA GALLERYで話します
七夕の日に天に行くことをずっと願い、描き、2012年9月11日に天に召された松村光秀
さんのお話をさせていただくことに感懐を持ちます。
松村光秀さんの生涯をかけた奇想・異端の世界は色濃くアジアの精神を風土を抱いていま
す。三日前にイギリスのChristie’sがアジアのマーケットで松村さんを取上げるというオフ
ァーがあったところです。
時刻:開場 19時00分 開演 19時30分  会費 ¥1500  (予約不要)
会場:スナバギャラリー SUNABA GALLERY
〒556-0005 大阪市浪速区日本橋4−17−15  sunabagallery@gmail.com
http://www.kcc.zaq.ne.jp/dfyji500/sunaba/index.html
■■
今日の言葉
「世界報道の自由度ランキング2015」日本は61位。
http://matome.naver.jp/odai/2142375914055467301
「顕著な問題のある国」と指摘されています。
その典型がここ数日にぎわしているメディア叩きですが、権力は異論を封殺したい
欲望を抑えられないのですね。私は良く分かります。

####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393

Gallery SHIMADA メールマガジン 1108号

□■□2015年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE
  Info―1108号
       世界で一冊しかない美しい本たち 

1 蝙蝠日記  wars of the Anemone
2 矢原繁長展―直感― 関西大学博物館
3 「海の本屋の話し」 平野義昌さん、本日、在廊されます。
4 今日の言葉 世界報道の自由度ランキング 2014で、日本は59位。

登録、解除は下記から
メルマガ登録・解除フォーム(バックナンバーリンク)
http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
#################################
蝙蝠日記  wars of the Anemone.
-アネモネ戦争-

アネモネの花が風にゆれています。
アネモネは、荒野の片すみで ひっそりと咲いている花でした。

ずいぶん昔、十字軍がパレスチナという所に咲いていたアネモネを
ヨーロッパに持ち帰ったそうです。

アネモネは美しい花を咲かせたので、たくさんの人に愛されて、
そしてヨーロッパの街は、アネモネの花であふれました。

やがて、人々は、もっときれいな花を咲かせたと思います。
王さまは、どこの国よりもきれいなアネモネを造るように、学者たちに
命じました。

アネモネという名前は、「風」という意味があるそうです。
アネモネの種は、風にのって、遠くまで飛んでいくからです。

ある季節になると、アネモネの種は風に乗って、いっせいに空に
まいあがります。

アネモネの種は 山をこえて 海をわたり、そして国境を
こえて飛んでいきました。

国境をこえて飛んできたアネモネの種は、
もともと、その国にあったアネモネをおびやかしました。

そして、それぞれの国が造った、それぞれの アネモネの秘密が、
他の国に知られてしまうことにもなりました。

それぞれの国は それぞれ話し合いました。
でも、なかなか、話し合いはまとまりません。

そして、とうとう、いろんな国どうして 戦争がはじまりました。

でも、いつ、どこで 戦争がおこっているのか
だれも、はっきりとしたことは わかりませんでした。

静かな夜。
ときどき、地平線のむこうで、白いけむりが上がっているのが見えました。
そして、だれもが、とても不安な気持ちになりました。

晴れた日も、雨の日も、いつも、どこかでけむりが上がっていました。

けむりは、だんだん、こちらに近づいてくるようです。
ある日、たくさんのヘリコプターが飛んできました。

何が おこったのかわかりませんでしたが、
ただ、とても、熱くなってきたのです。

あたりは 炎につつまれて、まっ黒なけむりが上がります。
そして アネモネの花びらが 空じゅうに まっていました。

けむりの下の アネモネの草原に
だれかが よこたわっています。

けがをしているのか、気をうしなっているのか、
そのひとは、ずっと動かずに、ずっとよこたわっていました。

そのひとは とてもねむたくなってきたのですが、
ぼんやりしながら、いろんなことを たくさん思います。

えらいひとにもなれなかったし、あまり、ひとの役にもたてなかった、・・・・
おとうさん、おかあさん ごめんね。そして、静かに目をとじます。
それから、そのひとは、もう目ざめることはありませんでした。

とても晴れた あさ。
おとうさんと おかあさんは ずっと待っていました。

アネモネの草原のうえで、
こどもが帰ってくるのを、ずっとずっと まっていたのです。

何日かすぎたころ、どこからか声がきこえました。
― おとうさん、おかあさん、 もう、またなくていいよ。―

―私は、ずっと、 おとうさんとおかあさんの近くにいます。
だから、もう、またなくてもいいよ。―

その声は、空や大地にしみこんでいきました。

そして、その声は、それぞれの国の、それぞれの人達の胸の中にも、
しみこんでいきました。

青い空の下。 風は 海や山をこえて、
大地の上には アネモネの花が咲いています。

そして、いまでも、ときどき、地平線に白いけむりがあがります。

アネモネの花が、ただ、風にゆれています。
アネモネの花は、荒野の片すみで、ひっそり咲いている花なのです。

Uemura Lyota. 09/8.14

「本への偏愛 Partiality for Books」展からの紹介です。
上村亮太さんのすべて手作りの美しい絵本の、美しくも深い言葉です。
下記をご覧下さい。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5669
会場には上村さんのテーブルをご用意して、世界に一冊しかない、どれも愛おしく
心深く届く絵本が9冊おかれています。どうぞゆっくりとお過ごし下さい。
A Water Rabbit
Penguin & Sky
BLUE CAKE
夜間飛行
Strawberry Milk
Saccerin Milk
ハッピネス街道
▲▲
世界で一冊しかない本は
壮大なスケールの松浦孝之、
ジョン・ケージに捧げる金月詔子(言が火です、ごめんなさい)
山口砂代里、戸田勝久などが展示されています。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=5663
■■
矢原繁長展―直感― 関西大学博物館
「本への偏愛」展でパティオに2点、床置きされている「法典崩壊」という現代日本
あるいは世界の崩壊を告発する作品を出品されている矢原繁長さんの今までの作品を
回顧する展覧会が関西大学創立130周年記念事業として、博物館はじまっていらいの
現代美術作家の展覧会として7月18日まで開催されています。
そのほとんどがギャラリー島田で発表されたものです。
http://www.kansai-u.ac.jp/Museum/index.html
昨日、行ってきました。
何の約束もせずに行ったのですが偶然、矢原さんと伊予西条市のギャラリーかわにしの
オーナー夫妻ともお会いしました。
阪急で十三乗換え、「あわじ」で乗換え「関大前」下車。目の前が入り口。構内散策10分弱。
矢原繁長は哲学する現代美術家で、今後、関大の先端情報科学科(?)で講師(非常勤)
で教えるそうです。
カタログに川田都樹子(甲南大学教授)さんが寄せておられる論考が矢原繁長の思想を
最も的確に紹介しています。
■■
今日の言葉
国際的なジャーナリストの団体「国境なき記者団」が2月12日に発表した「世界報道の自由度
ランキング 2014」で、日本は59位となり更に順位を下げた。2010年は11位と世界でもトップク
ラスの自由度を誇っていたのにである。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/11/world-press-freedom-index-2014_n_4771424.html 2015年のランキングではどこまでいくのだろうか。
####################################
公益財団法人「神戸文化支援基金」(こぶし基金)は兵庫・神戸の文化の土壌を
豊かにする芸術活動に助成しています。
http://www.kobushi-kikin.com/
本基金へのご寄付は、公益財団法人への寄付として寄付控除の対象となります。
・みなと銀行 北野坂支店 普 1656831 公益財団法人神戸文化支援基金
・郵便振替口座:公益財団法人 神戸文化支援基金 00950-0-322393
 他行から振込みの場合は店番 099 当座 0322393