作成者別アーカイブ: hayashi

■□■□2020年7月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1542号 7月1日

■□■□2020年7月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1542号 7月1日
 
              無愛想な蝙蝠
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  コウモリだって助け合う

2 7月の開廊予定のお知らせ

3 オンライン・ストア  「悩みのるつぼ」挿絵原画第二弾 本日7/1公開

4 今日の言葉  もともと地上には道はない
         歩く人が多くなれば
         それが道になるのだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
世界をパニックに陥れているコロナ禍。
その起源はコウモリが持っているコロナウイルスが野生動物を通じて人間に
うつったと考えられているようです。
そんな中で、よく平気で蝙蝠などと名乗るものです。

私が蝙蝠を名乗ったのは1993年。初めてのエッセイ集を出した時でした。
商売人でもない文化人でもない、何処にも属さない。鳥でも獣でもない。
自立といえば恰好いいが、「夜な夜な徘徊」と揶揄された。
かわいいと言われ始めたのは、ハロウィンナイトのころから。
私の蝙蝠コレクションは相当なものだ。
それが今は肩身が狭い。

コウモリだって助け合う

たとえ自分が損することになっても、他人のために行動する。
このような利他的行動は、人間社会だけで見られる立派な行動というわけで
はない。
チスイコウモリという動物は、食事にありつけなかった空腹の仲間がいたら、
自分が飲んだ血を吐き戻して分け与えることが知られている。
相手が自分の家族でなくとも、同じ集団に属する仲間であったら快く血を分
ける。
吸血鬼のような恐ろしいイメージとは裏腹に、団結した社会を形成して利他
的に振る舞うのだ。

主食の血液は消化が早く、二日後獲物にありつけないと餓死してしまう。そ
のため、仲間が互いに援けあうことで、餓死のリスクを下げているそうだ。
「自分が飢え死にしそうな時は血を分けないが、後日満腹になった際にはい
つも以上に気前よく分け与える」「いつも助けてくれる相手がたまに分けて
くれなくとも、関係性は悪化しない」など、人でも思わずうなってしまうよ
うな素晴らしい行動も知られている。 以下略

郡司芽久のキリン解体新書 より
(6月24日 朝日新聞 23面 から)

==================================
2 7月の開廊予定のお知らせ
==================================
コロナウィルス後、徐々に営業を再開しておりますが、
6月より、B1F un の一部と1F trois にて、
ギャラリー島田コレクションによる武内ヒロクニ作品展を開催しています。
ひきつづき、7月14日まで開催予定です。
(予告なく変更になることがございます。ご了承下さい。)

開廊時間は、
7/1〜7/14 12:00〜17:00  *休廊なし
7/15,16 展示作業日
7/17 休廊日
7/18〜8/19 11:00〜18:00  *毎週金曜休廊

なお、7/18〜8/19は、
2020年特別企画展「未来圏から!」を開催いたします!
http://gallery-shimada.com/?p=6860

==================================
3 オンライン・ストア
==================================
ギャラリー島田オンライン・ストア
きたむらさとし「悩みのるつぼ」挿絵原画。

おかげさまで大変にご好評をいただき、全国の多くの皆さまに作品をお届け
させていただいております。

本日7月1日、第2弾として、
新たに100点以上の作品を公開・販売を開始いたしました。
長年の連載の挿絵の中から、改めて選りすぐりの作品をご覧いただけます。

さらに充実したきたむらさんの作品世界で、
きっとお気に入りの作品に出会っていただけることと思います。
是非ご覧ください。

https://gallery-shimada.stores.jp/

==================================
3 今日の言葉
==================================
思うに希望とは
もともとあるものともいえぬし
ないものともいえない
それは地上の道のようなものである
もともと地上には道はない
歩く人が多くなれば
それが道になるのだ

魯迅

ひがのぼる(夢街道国際交流こども館 理事長)からいただいた手紙から

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年6月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1541号 6月26日

■□■□2020年6月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1541号 6月26日
 
              Black Lives Mater
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  Strange Fruit

2 新企画  オンライン・ストア

3 神戸文化支援基金より  緊急支援助成を終えて

4 今日の言葉  世界がほろびる日に
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  Strange Fruit
==================================
黒人を取り巻く格差にとどまらず、
日本でもアイヌがあり水俣があり沖縄があり福島がある。

日本に生まれ育ちながらも不条理がまかり通っている。

昨年3月に梅田恭子さんはギャラリー島田で個展をされた。
「合唱曲 ロ短調」
http://gallery-shimada.com/?p=5976
上がっている画像が「 Strange Fruit」である。

ビリー・ホリデーが女性ヴォーカリストとして人種差別にとどまらない社会
問題と壮絶に闘った。

Strange Fruitもビリー・ホリデーの歌。

奇妙な果実(Strange Fruit:訳詞)

南部の木は、奇妙な実を付ける
葉は血を流れ、根には血が滴る
黒い体は南部の風に揺れる
奇妙な果実がポプラの木々に垂れている

勇敢な南部(the gallant south)ののどかな風景、
膨らんだ眼と歪んだ口、
マグノリア(モクレン)の香りは甘くて新鮮
すると、突然に肉の焼ける臭い

カラスに啄ばまれる果実がここにある
雨に曝され、風に煽られ
日差しに腐り、木々に落ちる
奇妙で惨めな作物がここにある。

次の詩は偶然、長田弘全詩集を見ていて発見した。

吊るされたひとに
森の向こうの空地で 
鉛を嚥みくだす惨劇がおわる 
あまりにも薄明な朝
一人に市民が吊るされた
絞首台
の真新しい木の香り
が乾いてゆく
ほんのひとしずく赤く
こぼすことさえ拒否した血は
悶絶をこらえ
べったりと霧を抉って
紫黒い死の斑を滲ませる
それでもまだ揺れている
のはその瞬間まで生きていた
その証のためだ
屍が揺れているのか
世界が揺れるのか
黙りこくる
残された
石造の家々の上で
おお ぶるぶると揺れている
揺れているのは
あなただ
垂れた脚が
ぶあつい地球の中心へ
なお降りてゆこうとするので
たしかにひき裂かれているあなただ
足元で夥しく草の花が萎え
涸れた空へあなたを吊るす
張りつめた一本の綱
あなたの顎を 眼を
朝をはげしくひきつらせてあるもの
それは何
吊るされたひと
ぼくにとってあなたとはいったい何
ぼくの誕生をすばやく刺しつづけるあなたは
午前は傷のようにぼくの前にひらき
証明の昼も また夢も
ぼくは未だ持たぬ

    (ナチスのユダヤ人迫害の記録をみて)

長田弘 全詩集(みすず書房)の 
冒頭に置かれた詩「吊るされたひとに」である。

==================================
2 新企画 オンライン・ストア&オンライン・ミュージアム
==================================
新しい挑戦がどんどん始まっています。

オンライン・ストア
「絵本作家きたむらさとしさんの挿絵原画」はすでに
朝日新聞でもご紹介いただき、大変好評をいただいております。
近々、第2集をアップする予定です。
http://gallery-shimada.com/?p=6842

ギャラリー島田オンライン・ストア
https://gallery-shimada.stores.jp/

オンライン・ミュージアム
没後35年を迎える鴨居玲とギャラリー島田との関りを貴重な資料とともにご
覧いただきます。
特別企画展「未来圏から!」をギャラリー空間とともに海外から参加される
作家の作品もご覧いただきます。

今後、さらに充実した企画を続々とお届けいたします。

==================================
3 神戸文化支援基金より 緊急支援助成を終えて
==================================
皆さんへのご報告を、画廊通信6月・7月 合併号で纏めました。
特別寄稿「パンデミックの時代に」を
服部孝司 ((公財)神戸市民文化振興財団理事長)
ひがのぼる(夢街道国際交流子ども館理事長)
お二人に寄稿いただきました。

今回のプロジェクトの総集編、保存版という趣の力の入ったものです。

会員の皆様には郵送にてお届けしておりますが、
その他の皆さまにはギャラリー入り口にご用意させていただいております。

また、5月号に続き、ブログのほうでも特別公開をいたしました。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9756

どうぞご覧くださいませ。
    

==================================
4 今日の言葉  世界がほろびる日に
==================================
世界がほろびる日に

かぜをひくな

ビールスに気をつけろ

ベランダに

ふとんを干しておけ

ガスの元栓を忘れるな

電気釜は

八時に仕掛けておけ

石原吉郎『シベリア抑留詩人の生と死』(中央公論新社 P299 から)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年6月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1540号 6月3日

■□■□2020年6月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1540号 6月3日
 
           選ぶことは 選ばぬこと 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  迷いながらも

2 新企画のご案内

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  迷いながらも
==================================
「こぶし基金」(神戸文化支援基金)の緊急支援(志縁)をようやく終えま
した。
この間、全役員が選考に関わり、膨大な業務を事務局が担い、まだ後処理が
続いています。
    
選ぶことは 選ばぬこと
辛いことです。
    
県下、六地区に16名のノミネーターと本部が、4月25日から5月23日まで三回
にわたりノミネート。
そして選考を繰り返し、55件を選ばせていただきました。
あれも、これも、志縁してさしあげたかった。
私たち全員がその思いを抱いています。

芸術文化を巡る環境は格段に厳しいものがあるとおもいます。
でも、だからこそ、いっそう
心をを砕き、関わっていきたいと思います。

今回の緊急支援(志縁)の詳細は公益財団法人神戸文化支援基金のHPでご覧
いただける準備をしています。
http://kobushi-kikin.com/

また、画廊通信 6月・7月合併号(6月18日発行予定)は、この特集となり
ます。

==================================
2 新企画のご案内
==================================
ギャラリー島田のraison detre(存在理由)を賭けて取り組もうとしているこ
と。
今年で42年目を迎えました。
先端的なアートを紹介してきたわけでもなく、ビジネスとして成功したわけ
でもありません。
神戸という地域に、そして関わる作家とともに在りつづけただけです。
そのSPIRIT(精神)の記録を残したいと思います。

その取り組みを若いスタッフたちがRealとVirtual、すなわちgalleryという
場とInternetという場を繋ぎながら、そこで生起すること。
すなわちhappeningを楽しみたいと思います。
その最初の試みです。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
オンライン・ストア開設 きたむらさとし「悩みのるつぼ」挿絵原画 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ギャラリー島田のオンライン・ストアを開設いたしました。
第一弾として、きたむらさとしさんの「悩みのるつぼ」挿絵原画を紹介して
います。
http://gallery-shimada.com/?p=6842

ギャラリー島田オンライン・ストア
https://gallery-shimada.stores.jp/

オンライン・ストアでは、次々と作家を紹介してゆく予定で鋭意企画中!

――――――――――――――――――――――――――――――――――
オンライン・ミュージアムも企画中
――――――――――――――――――――――――――――――――――
また、ギャラリー島田の un, deux, trois の三つの場とInternet Museumを
同時に体験していただく試みにも挑戦してみます。

その最初が「未来圏から!」です。
詳細は追って・・・

==================================
3 今日の言葉
==================================
歌うように 語るように

微笑む春が走る

灰緑の描線をのこし

今 追いつけぬなら

けっして追い越してはならない

秋に足をとられ

冬に抱きとめられようと

僕はといえば

周回おくれの夏を肩に

萌葱色の足跡をたどる

2020 春 
伊津野雄二

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年5月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1539号 5月28日

■□■□2020年5月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1539号 5月28日
 
           亀井純子さんが託したこと 
           1990年5月28日 40才 没
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記 パンデミックの危機に

2 緊急支援助成 について

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記
==================================
あらゆる芸術文化活動が休止に追い込まれ、先行きも見通せなくなっていく
4月。もともと地域に根差し経営基盤が強くない団体や拠点の存続を心配し
ました。

公益財団ですから厳密に定款や規則に則って運用されねばなりません。議論
を重ね、かつ迅速に事を運ぶことに力を注ぎました。

私が「緊急支援助成」の趣旨と仕組みについて財団の役員の皆さんに諮った
のが4月6日。

政府が緊急事態宣言を出したのが4月7日でした。

財団の全役員が関り、兵庫県下の活動を6地域を深堀りするように調査し三
段階に分けて「志縁」を決めて行きました。

財団は亀井純子さんの「志」を受けて設立され今に至っているのですが、不
思議な縁を感じずにはおれません。

今回の助成決定を亀井純子さんの没後40年の命日(5月28日)に行うことに
しました。

そして兵庫県は6月1日に全面解除となります。

==================================
2 緊急支援助成 について
==================================
支援総額は960万円:55件でした。

今回の支援は申請していただき助成するのではなく、私たちが調査をして支
援(志縁)するので、先方は私たちの財団についてなにもご存じないのがほ
とんどで、それだけにいただい感想が、審査にあたって強いられた私たちの
緊張を和らげて下さいました。

詳細は公益財団法人神戸文化支援基金のHPでご覧いただけるよう準備を進め
ています。

ギャラリー島田の画廊通信の次号(6・7月号)は公益財団法人神戸文化支援
基金により立ちあがった緊急支援助成についての特集をさせていただきます。

==================================
3 今日の言葉
==================================
新型コロナウィルスのパンデミックは歴史の流れを変えるのではない。すで
に起きていたことを加速させ、その亀裂を露見させると考えるべきです。
(略)
政治家がろくな対策を打てず「ひとまず家にいてください」というしかない
状況だった。でも市民は、それなりに秩序だった社会を維持した。
「エリートが機能しなくても社会の統制はとれる」という経験をしたことは
大きい。このような国では、既存のエリートの正当性がますます失われてい
くでしょう。
(略)
お金の流れをいくらグローバル化しても、いざという時に私たちの生活は守
れないことははっきりしました。
長期的にみると、こうした経験が、社会に歴然と存在する不平等を是正しよ
うという方向に繋がる可能性はあります。これまで効率的で正しいとされて
きた新自由主義的な経済政策が人間の命を守らないし、いざとなれば結局そ
の経済自体をストップすることでしか対応できないことが明らかになったの
ですから。生活に必要不可欠なものを生み出す自国産業は維持する必要があ
るでしょう。

エマニュエル・トッド(歴史家・人口学者) 
2020年5月23日 朝日新聞 オピニオンから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年5月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1538号 5月5日

■□■□2020年5月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1538号 5月5日
 
             小さな光を灯して 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 神戸文化支援基金よりお知らせ

2 画廊通信を特別公開中しています

3 今日の言葉  一銭五厘の旗
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 神戸文化支援基金よりお知らせ
==================================
コロナウィルスのパンデミックが身近なものとして私たちを囲い込んでいま
す。
政府による緊急事態宣言を待つまでもなく兵庫県下における芸術文化活動は
大きなダメージを被っています。
私たち公益財団法人神戸文化支援基金は、県下の文化拠点、文化活動にたい
し緊急支援助成を行います。
その基本的な仕組みを整えて発表して一ヶ月が経ちます。

県下地区を6ゾーンに分け、芸術文化の地層を丁寧に深堀するように調査し
ノミネートし、それを選考委員全体で承認することを繰り返し、ようやく第
1回の支援助成先24団体を選定させていただきました。

詳細は財団のHPをご覧ください。
http://kobushi-kikin.com/

これから応諾していただく手続きに入り、順次お名前を発表させていただき
ます。

第2回が5月16日
第3回が5月30日 で 概ね60件(総額1000万円)の助成を予定しています。

私たちの小さな灯りは道を照らすことはできないかもしれません。
でも、暗闇でこそ、遠くから感じるかもしれません。 

緊急事態宣言が徐々に終息へ向かうとしても世界を覆う大不況は免れそうも
ありません。
我が国の体たらくでは・・・・ 
でも、みんな生きねばなりません。なんとしても、共に。

==================================
2 画廊通信を特別公開しています
==================================
毎月発行(1100部)し、皆さまへ郵送しております画廊通信、
「Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE INFORMATION」
このメールマガジンと同じ名前ですが、内容は異なります。
蝙蝠日記はバックナンバーをホームページに掲載していますが、画廊通信全
体は一部の方にしかご覧いただけません。
ですが、今回は、パンデミック特集。「ドイツに思う」「イギリスに思う」
「イタリアに思う」「フランスに思う」と各国とかかわりの深い方々にエッ
セイをお願いしました。
特別に公開いたしましたので、ぜひ、ご覧いただきたいと思います。

画廊通信 2020年5月号
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9732

画廊通信の蝙蝠日記バックナンバーはこちら
http://gallery-shimada.com/koumori/
2000年以降についてお読みいただけます。

==================================
3 今日の言葉  一銭五厘の旗
==================================
「見よぼくら一銭五厘の旗」

その戦争が すんだ
戦争がない ということは
それは ほんのちょっとしたことだった
たとえば 夜になると 電灯のスイッチ
をひねる ということだった
たとえば ねるときには ねまきに着か
えて眠るということだった
生きるということは 生きてくらすという
ことは そんなことだったのだ
戦争には敗けた しかし
戦争のないことは すばらしかった

灯火の記憶といえば昭和二十年八月十五日の夜がある。
ランプのあかりは平和な暮らしの象徴である。
人々の暮らしを少しでも明るく照らしたいという願いと、
ふたたび戦争をしてはならないという平和への祈りとして
花森安治(暮らしの手帖)はランプを画いた。

*「花森安治装幀集成」みずのわ出版 より

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年4月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1537号 4月21日

■□■□2020年4月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1537号 4月21日
 
            緊急支援助成のお知らせ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 神戸文化支援基金よりお知らせ

2 臨時休廊中です

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 神戸文化支援基金よりお知らせ
==================================
この度のコロナウイルスによるパンデミックが身近なものとして私たちを囲
い込んでいます。

政府による緊急事態宣言を待つまでもなく兵庫県下における芸術文化活動は
大きなダメージを被っています。
私たちに出来ることはなにかを考え続けました。

ギャラリー島田に本部をおく神戸文化支援基金の定款のギリギリの援用を検
討し、兵庫県下の文化拠点、文化活動にたいし緊急支援助成を行うこととい
たします。

助成規模:1000万円  助成額:10万〜20万/件

なお、公募はいたしません。
兵庫県下を6地区にわけ、財団役員とゲスト審査員(総計16名)が審査にあ
たります。
選考方法など詳細については公益財団法人神戸文化支援基金のHPをご覧くだ
さい。
http://kobushi-kikin.com/

==================================
2 臨時休廊中です
==================================
ギャラリー島田は当面のあいだ臨時休廊いたします。
コレクション展 アートの架け橋「ギャラリー島田コレクションをあなたに」
http://gallery-shimada.com/?p=6814
も会期を延期いたします。
新しい会期は決まりましたら、お知らせいたします。

==================================
3 今日の言葉
==================================
1940年に上映された「独裁者」の中で、ヒットラーのダブルの床屋が兵
士たちの前で演説するシーン。チャーリー・チップリン自身によって書かれ
たスピーチで、史上でもっとも感動的なスピーチとも言われ、各国の言葉に
訳され、世界中に広められています。

チャップリン自らが書いたスピーチ全文です。

申し訳ないが、私は皇帝などなりたくない。それは私には関わりのないこと
だ。誰も支配も征服もしたくない。できることなら皆を助けたい、ユダヤ人
も、ユダヤ人以外も、黒人も、白人も。

私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。私たちは皆、
他人の不幸ではなく、お互いの幸福と寄り添って生きたいのだ。私たちは憎
み合ったり、見下し合ったりなどしたくないのだ。

この世界には、全人類が暮らせるだけの場所があり、大地は豊かで、皆に恵
みを与えてくれる。人生の生き方は自由で美しい。しかし、私たちは生き方
を見失ってしまったのだ。欲が人の魂を毒し、憎しみと共に世界を閉鎖し、
不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを開発したが、それによって自分自身を孤立させた。ゆと
りを与えてくれる機械により、貧困を作り上げた。

知識は私たちを皮肉にし、知恵は私たちを冷たく、薄情にした。私たちは考
え過ぎで、感じなく過ぎる。機械よりも、私たちには人類愛が必要なのだ。
賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。そういう感情なしには、世の
中は暴力で満ち、全てが失われてしまう。

飛行機やラジオが私たちの距離を縮めてくれた。そんな発明の本質は人間の
良心に呼びかけ、世界がひとつになることを呼びかける。

今も、私の声は世界中の何百万人もの人々のもとに、絶望した男性達、女性
達、子供達、罪のない人達を拷問し、投獄する組織の犠牲者のもとに届いて
いる。

私の声が聞こえる人達に言う、「絶望してはいけない」。

私たちに覆いかぶさっている不幸は、単に過ぎ去る欲であり、人間の進歩を
恐れる者の嫌悪なのだ。憎しみは消え去り、独裁者たちは死に絶え、人々か
ら奪いとられた権力は、人々のもとに返されるだろう。決して人間が永遠に
は生きることがないように、自由も滅びることもない。

兵士たちよ。獣たちに身を託してはいけない。君たちを見下し、奴隷にし、
人生を操る者たちは、君たちが何をし、何を考え、何を感じるかを指図し、
そして、君たちを仕込み、食べ物を制限する者たちは、君たちを家畜として、
単なるコマとして扱うのだ。

そんな自然に反する者たち、機械のマインド、機械の心を持った機械人間た
ちに、身を託してはいけない。君たちは機械じゃない。君たちは家畜じゃな
い。君たちは人間だ。君たちは心に人類愛を持った人間だ。憎んではいけな
い。愛されない者だけが憎むのだ。愛されず、自然に反する者だけだ。

兵士よ。奴隷を作るために闘うな。自由のために闘え。『ルカによる福音書』
の17章に、「神の国は人間の中にある」と書かれている。一人の人間では
なく、一部の人間でもなく、全ての人間の中なのだ。君たちの中になんだ。
君たち、人々は、機械を作り上げる力、幸福を作り上げる力があるんだ。君
たち、人々は人生を自由に、美しいものに、この人生を素晴らしい冒険にす
る力を持っているんだ。

だから、民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。皆でひとつに
なろう。新しい世界のために、皆が雇用の機会を与えられる、君たちが未来
を与えられる、老後に安定を与えてくれる、常識のある世界のために闘おう。

そんな約束をしながら獣たちも権力を伸ばしてきたが、奴らを嘘をつく。約
束を果たさない。これからも果たしはしないだろう。独裁者たちは自分たち
を自由し、人々を奴隷にする。

今こそ、約束を実現させるために闘おう。世界を自由にするために、国境の
バリアを失くすために、憎しみと耐え切れない苦しみと一緒に貪欲を失くす
ために闘おう。

理性のある世界のために、科学と進歩が全人類の幸福へと導いてくれる世界
のために闘おう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年4月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1536号 4月10日

■□■□2020年4月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1536号 4月10日
 
          本日も晴天なり 日々是好日 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 ウグイス日記  アネモネの花が次々に

2 展覧会のご案内  オンラインギャラリーでもご案内いたします
    上村亮太 絵本「アネモネ戦争」出版記念展
    桑畑佳主巳展  小品による神戸

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 ウグイス日記  アネモネの花が次々に
==================================
絵本「アネモネ戦争」の出版プロジェクトで、サポーターの方へお送りした
アネモネの球根が、今あちらこちらで花を咲かせています。もちろん我が家
でも。
ギャラリーでも、絵本のモデルとなった、アネモネが会場を見守ってくれて
います。
真ん中が深いとても美しいブルー、花びらは、透けるような白色、今、この
花にとても元気をもらっています。一つの球根から、いくつもの花がたちあ
がってきます。夕方になると花びらを閉じ、日があたるとまた花びらを広げ
て、何日か花が咲いています。出勤のスタッフからの業務連絡の最後に、ま
たアネモネの花が咲いていました、と写真がそえられていました。
今、色んな春の花が咲いていますが、きっと花を眺めている方は多いのでは
ないでしょうか。
花も、絵も、本も、そっと何かを伝えてくれていることを感じながら、眺め
ていたいと思います。

==================================
2 展覧会のご案内  オンラインギャラリーでもご案内いたします
==================================
現在開催中の二つの展覧会は、新型コロナウィルスの感染予防のため、通常
のオープンはしておりません。
ご覧になりたい場合は、予約制で承っております。
お電話・メールにてお問い合わせの上、お越しくださいませ。

また、初のオンラインギャラリーも試みています!

――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太 絵本「アネモネ戦争」出版記念展
15日(水)まで  B1 un にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
大変、ご好評をいただいている、
上村亮太 絵本「アネモネ戦争」出版記念展です。

絵本の原画以外は販売しております。
もし、気になる作品ありましたら、お気軽にギャラリーまでお問い合わせく
ださい。
アネモネの花、おうちに飾りませんか?

また、ギャラリーまでお越しいただけない方々にも、少しでもこの展覧会を
味わっていただきたく、ギャラリートークの形での映像を公開しております。

「アネモネ戦争」you tube 動画vol.1
https://youtu.be/w3uBbUyJ7Cs

「アネモネ戦争」you tube 動画vol.2
https://youtu.be/jyB2QSfiTsI

「アネモネ戦争」you tube 動画vol.3
https://youtu.be/0SH9OpINxzE

◆コメント欄にコメントをのこして頂く際には、
You tubeの設定上、グーグルドライブのアカウントが必要になりますが、
ご感想など、是非コメントよろしくお願いします。

チーム・アネモネホームページ
https://www.team-anemone.com

展覧会ページ
http://gallery-shimada.com/?p=6797

上村亮太さんのブログ DAY BY DAY
http://shipponashi.blog98.fc2.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――
桑畑佳主巳展  小品による神戸
15日(水)まで  1F trois にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
「素顔の神戸」
縁あって、学生の頃からの桑畑佳主巳ファンだ。前回の個展では、神戸を描
いた大作を味わった。
桑畑というフィルターを通して再構築された街。他では見られない神戸とし
て、静謐な美しさと凄味を放っていた。
今回は、小品である。多くを詰めこむのではなく、切り取ることによって、
前後の時間や描かれていない風景までをも想像させる。
これは短歌と同じ手法だ。私はすっかり虜になった。どの作品にも、温かな
人の気配と柔らかな風が感じられる。
深い愛情に満ちた眼差しが伝わってくる。素顔の神戸だ。大作に対峙するに
はエネルギーがいるが、穏やかな表情の小品たちは心をくつろがせ、たっぷ
りのエネルギーを与えてくれる。
(歌人 俵万智)

展覧会紹介と会場風景はこちら
http://gallery-shimada.com/?p=6800

新スタッフOによるブログでもご紹介
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9653

オンラインギャラリーです!

第一弾
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9682

第二弾
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9692

第三弾
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9711

お楽しみください!
こちらも気になる作品ありましたら、お気軽にギャラリーまでお問い合わせ
ください。

==================================
3 今日の言葉
==================================
絵本のラストで一人の少女がかかげ、やがて多くの人がかかげていくもの
――――それを上村は「狼煙(のろし)」です」と語っています。

狼煙は、はるか遠くへと大切な何かを呼びかける信号であり、合図です。
私たちひとりひとりがかかげるものは、小さな点のようなものかもしれませ
ん………。
でも、それが繋がっていけば、点が面となり、力となり、何かが動くと信じ
たいと思います。
小さな祈りの積み重なりこそが、やがて世界を変えることを、信じたいと思
います。

深い感謝と願いを込めて、この絵本をお届けします。

              チーム・アネモネ一同/編集担当:松田素子

       *絵本「アネモネ戦争」先行予約の方へのお手紙より抜粋

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年4月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1535号 4月4日

■□■□2020年4月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1535号 4月4日
 
          お気をつけてお越し下さい
            展覧会への対応 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 展覧会のご案内  上村亮太 絵本「アネモネ戦争」出版記念展
           桑畑佳主巳展  小品による神戸

2 今日の言葉  二人は調査される側
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 展覧会のご案内
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太 絵本「アネモネ戦争」出版記念展
開催中〜15日(水)まで  B1 un にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
大変、ご好評をいただいている、
上村亮太 絵本「アネモネ戦争」出版記念展ですが、
4/4(土)は通常通りオープン、
4/5(日)以降は、お問い合わせの上、お越しください。
状況によって、クローズさせていただく可能性もございますので、
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

チーム・アネモネホームページ
https://www.team-anemone.com

展覧会ページ
http://gallery-shimada.com/?p=6797

なお、ギャラリーまでお越しいただけない方々にも、少しでもこの展覧会を
味わっていただきたく、ギャラリートークの形での映像を公開することにな
りました。
本日4/4(土)お昼ごろより、動画公開予定です。
詳細は下記ブログをご覧ください。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=9642

――――――――――――――――――――――――――――――――――
桑畑佳主巳展  小品による神戸
4月4日(土)〜15日(水)  1F trois にて
――――――――――――――――――――――――――――――――――
このような時ですが、
画家・桑畑佳主巳さんが万全の配慮をしてお待ちしています。
桑畑さんは13:00から17:00(最終日は16:00)まで在廊される予定です。

「素顔の神戸」
縁あって、学生の頃からの桑畑佳主巳ファンだ。前回の個展では、神戸を描
いた大作を味わった。
桑畑というフィルターを通して再構築された街。他では見られない神戸とし
て、静謐な美しさと凄味を放っていた。
今回は、小品である。多くを詰めこむのではなく、切り取ることによって、
前後の時間や描かれていない風景までをも想像させる。
これは短歌と同じ手法だ。私はすっかり虜になった。どの作品にも、温かな
人の気配と柔らかな風が感じられる。
深い愛情に満ちた眼差しが伝わってくる。素顔の神戸だ。大作に対峙するに
はエネルギーがいるが、穏やかな表情の小品たちは心をくつろがせ、たっぷ
りのエネルギーを与えてくれる。
(歌人 俵万智)  

展覧会紹介と会場風景はこちら
http://gallery-shimada.com/?p=6800

==================================
2 今日の言葉
==================================
「安倍首相は一七年二月十七日の国会発言で
 改ざんが始まる原因をつくりました」

 麻生氏については墓参りに来てほしいと伝えたのに

「国会で私の言葉をねじ曲げました」
「この二人は調査される側で、
 再調査しないと発言する立場ではないと思います」

赤木昌子(仮名)

change.orgキャンペーンが行われ、
4月3日16:00 現在で277,062人が賛同しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1535号 3月27日

■□■□2020年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1535号 3月27日
 
       上村亮太さんの絵本「アネモネ戦争」出版記念展
              明日よりスタート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 ウグイス日記の展覧会案内

2 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 ウグイス日記の展覧会案内
==================================
アネモネの花が咲く頃に出版をめざして
一年前から、動き出したこの出版プロジェクトは、山あり谷ありをのりこえ
て、本が完成し、出版記念原画展がいよいよ明日からはじまります。

限定500部の、贈り物のような、
そして一つの作品を手渡していくようなこの本は
多くのサポーターの方々の、まだ本を見る前からのご支援、ご協力のもと、
これぞ、というものが出来上がりました。

絵本は原画展で販売いたします。
ご希望のは早めにお越しいただければと思います。
というのも、ありがたいことに、残部が見えてきました。
展覧会会期中は、ギャラリーでお買い求めいただく方優先とさせていただき
ますので、お送りは対応いたしておりません。ご了承ください。
全国で、取り扱ってくださる書店さんがありますので、またチーム・アネモ
ネのホームページにてお知らせいたします。

そして、展覧会、昨日展示作業完了いたしました。
一言でいえば、アネモネワールドです。絵本の原画を含めた数百展の作品が
お待ちしております。

上村さんは、この絵本制作の時間の中、1000枚を超える絵を描かれてきまし
た。
私たちが、見ることができるのは、その一部です。が、その一部、といって
も圧巻の景色です。

展示の相談をしていると、まだある、ここにもある、と絵がどんどんと顔を
出して、私が全部を展示するのは無理ですよね、と言うと、いや全部するよ、
と上村さん。
え、やっぱり全部展示できるのかなと私、いや全部展示するよ、と上村さん。

全身全霊で描いてきたその時間が、会場にギュゥーとこめられています。
涙なしでは見れない、
というのは本当だなと思います。みなさんが、絵本とともに、どう感じてく
ださるのか。

この、今のコロナウィルスの影響をうけた社会状況の中、どうみなさんに受
け取っていただけるのか、
ドキドキしながら初日を迎えたいと思います。

初日は、上村さん、絵本の編集者である松田素子さんがギャラリーに来てく
ださいます。

どうぞ、お気をつけて、お越しください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
上村亮太絵本『アネモネ戦争』 出版記念展
3月28日(土) -4月15日(水)  *4/3(金)は休廊
――――――――――――――――――――――――――――――――――
チーム・アネモネホームページ
https://www.team-anemone.com

展覧会ページ
http://gallery-shimada.com/?p=6797

*初日に予定しておりました、トークとレセプションは延期となりました。

==================================
2 今日の言葉
==================================
あなたがしていることのほとんどは無意味かもしれない。
しかし、しなければならない。
あなたが世界を変えるためではなく、世界にあなたが変えられないために。

マハトマ・ガンジーの言葉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2020年3月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1534号 3月24日

■□■□2020年3月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1534号 3月24日
 
               現代の神様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記

2 展覧会のご案内

3 今日の言葉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記  宮城まり子さんの思い出
==================================
3月24日の新聞が宮城まり子さん(障害児福祉施設の園長)の訃報を伝えて
いる。
私は、ずっと宮城さんの言葉を抱き、生き方を習いたいと思ってきた。

奇しくも2007年3月24日、日経新聞 私の履歴書「宮城まり子」に次の言葉が
ある。

「現代の神様」
 学園を設立して、その資金に窮していた時、突然、ホテルを訪ねてこられ
た作業着姿のおじさんが、家内と娘と相談してと出された封筒に1500万円の
小切手が入っていた。
昔の神様と違って、現代の神様は作業着を着てこの世に出ていらっしゃるの
だな、そう思いながら後ろ姿を見送りました。約40年前のことです。

私たちの「こぶし基金」も1991年に亀井純子さんの遺志を亀井健さんから託
されたことから始まりました。
そして、多くの「現代の神様」のバトンが今も基金を支え、静かに文化の土
壌を実りあるものにするための散水装置の役割を果たしているのです。

3月24日という今日。

現代の神様たちに、しばし思いを馳せています。

==================================
2 展覧会のご案内
==================================
まもなく休廊を終え、展覧会をスタートいたします。

上村亮太絵本『アネモネ戦争』 出版記念展
 3月28日(土) -4月15日(水) *4/3(金)は休廊

できあがった絵本とともにお待ちしています。
お楽しみに。

==================================
3 今日の言葉
==================================
他人のために  灯りをともし まだ意地をはる

精神と 傷だらけの人生への 愛が

おれを 沖へと 突き返す   

             ウンベルト・サバ 「ユリシーズ」

すぐ また

旅に出る

難破に

生きのこった

老水夫

のように   

       ジュゼッペ・ウンガレッティ 「難破の愉しさ」   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━