作成者別アーカイブ: hayashi

■□■□2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1439号 9月22日

■□■□2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1439号 9月22日

           見慣れたもの 混沌が伝えるもの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現代陶芸の旗手のお二人

1 展覧会へのお誘い
    重松あゆみ展 「JOMONの面影」
    http://gallery-shimada.com/?p=5520

   須浜智子展 今日から
    見慣れたはずのものに
    http://gallery-shimada.com/?p=5526

    須浜智子 展示風景からのレポート
    http://gallery-shimada.com/blog/?p=8010

2 サロンへのお誘い
  本日のサロン  9月22日(土)15:00から  予約不要 無料
  重松あゆみ、スライドを交え大変好評だった「JOMONの面影」 を
  須浜智子、自作を語る
  そしてクロストークをお楽しみください
  会場:ギャラリー島田 BF1

3 今日の言葉               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
3 今日の言葉 「黙りあい」
==================================
現代人が失いかけているのは「話し合い」などではなくて、
むしろ「黙りあい」だ。

(寺山修司)
 

8月10日 鷲田清一 折々のことば  から
ネットの世界が出現するはるか前の発言である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1438号 9月15日

■□■□2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1438号 9月15日

           聴くということ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記 「JOMONの面影」

2 展覧会へのお誘い
  重松あゆみ展 「JOMONの面影」  本日15日から
松浦孝之展 疾走し失踪する謎の天才作家   本日15日から

3 サロンへのお誘い
  重松あゆみ展 関連サロン
  9月15日(土)15:00から 重松さんに聞く「何故縄文なのか」 島田誠
  9月22日(土)15:00から 重松あゆみと須浜智子「自作を語る」
いずれも無料、予約不要 会場 ギャラリー島田 BF1

4 今日の言葉               
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   聴くということ
==================================
過ぎ去りしものは取り戻すことはできないが、これだけは取り戻したい。
それは私にとっては音楽を聴く耳だ。
いや、コミュニケーションすら難しくなっていきている。

電話が聞き取れない。
会議も難しい。
このことをgallery Information9月号の蝙蝠日記に書いた。
http://gallery-shimada.com/koumori/?p=619

様々なアドヴァイスをいただいた。
ありがたいことです。
諦めることなくトライしてみよう。

でも孤独であることは嫌ではない。むしろ好むところだ。
付き合いの悪い奴だ!
ごめんなさい。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
重松あゆみ展 「JOMONの面影」
――――――――――――――――――――――――――――――――――
重松さんの個展は1993年に初めて手掛け、その「不快感のある快感」を秘め
た作品に見せられてきた。その2年後の震災で身近に置いていた作品が壊れ
たりもしたが、その独特の作品は現代陶芸の世界で異彩を放ち2016年は「陶
磁協会賞」今年は「京都美術文化賞」を受賞するなどTop Runnerである。
今回はJOMONの面影をテーマにさらに特異な世界を造形している。

作品について、その思想から技法に至るまで
スタッフ(S)がレポートしています。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7968

――――――――――――――――――――――――――――――――――
松浦孝之展
――――――――――――――――――――――――――――――――――
疾走し失踪する謎の天才作家
ギャラリー島田コレクションによる松浦孝之展ですが
作家と連絡がとれません。
でも技術的にも表現の深さにおいても天才的な才能を感じさせます。
でもその作家の正体としての「今」は杳として知れない。
???????????????????????????
9月15日から20日です。
お見逃しなく。
設営風景とともにスタッフ(M)がユニークな解説を
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7978

==================================
4  今日の言葉
==================================
芸術は全人間的に生きることだ。
わたしは絵を書くだけの職人にはなりたくない。
だから民族学をやったんだ、わたしは職業分化にたいして反対だ。
わたしは画家にも彫刻家にもなりたくはなかった、ほんとうは思想家になり
たかった。(P2から)

岡本太郎 1952年2月、縄文土器に出会った衝撃を「四次元との対話―縄文土
器論」として『みづゑ』に発表

芸術はきれいであってはいけない。うまくあってはいけない。
心地よくあってはいけない。それが根本原則だ。

岡本太郎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□ 2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1437号 9月8日

■□■□ 2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1437号 9月8日

          アーティーチョークとレモン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  堅牢と鮮烈

2 展覧会へのお誘い  日下部直起展 「イタリアの光跡」
            荒木きよこ展 「Four Seasons」

3 今日の言葉  まだ 生きてゆけそうな 気がするんだ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記   堅牢と鮮烈
==================================
自然が地球的な危機をつたえている。
それは複合汚染であり
そのもとは人であり
それは私たちの今のありようだ。

私ももっと深く・・・
簡素に
もっと

==================================
2  展覧会へのお誘い
==================================
植物
そして食物に喩えれば
アーティーチョークとレモン
日下部直紀展は半ばを過ぎました。
アーティーチョークは日下部さんの作品に多く登場します。
形態からして堅牢。とても食用植物に見えませんが料理には大変な手間ひま
がかかり食べるところはごくわずかだが絶妙だそうです。
そして媚薬?
日下部さんの世界に通底している。

日下部直起展「イタリアの光跡」 は12日(水)まで
作家の言葉と会場風景は下記で
http://gallery-shimada.com/?p=5444

檸檬に喩えれば
口中に鮮烈に果汁が拡がり、瞳孔も目いっぱい拡がりしゃきっとする。
「酢っぱ!」といいながら幸せ。

荒木きよこ展「Four Seasons」 9/8(土)〜13日(木)がはじまりました。
摩耶山の麓、、、、、 木漏れ日からの季節風 〜
小鳥たちが、庭のジュンベリーの実を食べにやって来る
一番好きな初夏の朝。。。。
移ろう時と共に姿を変えるFour Seasonsの旋律が、真っ白なCanvasに鮮やか
な色を奏でてゆく。。。。。

会場風景をどうぞ
http://gallery-shimada.com/?p=5450

爽やかさと強さが共存する画面。
その魅力をスタッフ(H)がblogで伝えます。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7959

是非、お運びください。

==================================
3 今日の言葉
==================================
希望だけでできている
うつくしい星
というものが 何処かに
生れている
としたら
まだ 生きてゆけそうな
気がするんだ

(山本萠クレパス画カレンダー 2018年9月から)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1436号 9月6日

■□■□2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1436号 9月6日

            志水克子さんを偲ぶ会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記   明日 ギャラリー島田で

2 今日の言葉  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   「志水克子さんを偲ぶ会」のご案内
==================================
志水克子さんと言ってもご存じない人がほとんどでしょう。
私が海文堂書店の社長を務めていた27年間、事務職として勤めて下さってい
ました。

私が辞したのが2000年。
志水さんが94才で亡くなられたのが2017年9月7日でした。

亡くなられて、思いがけず、私に遺贈が残され、公益財団法人「神戸文化支
援基金」へ寄付しました。

御葬儀はお身内の方がおられず、海文堂の仲間で執り行いました。

その後、遺品を整理していると、広い交友関係をお持ちだったことを初めて
知り、1周忌にあたる明日、7日(金)に 小さな「志水克子さんを偲ぶ会」
を持つことにいたしました。

志水さんが丁寧に作っておられた2010年の名簿でご案内させていただきまし
たが、その他にもお知り合いの方もいらっしゃると思います。

この機会に是非ともお別れをしていただきたいと思います。

志水さんが遺され財団へ寄付された多額の遺産についてもお話しいたします。

日時:2018年9月7日(金) 12:00〜16:00 (随時お越しください)
会場:ギャラリー島田 1F trois

会では、晩年の志水さんのご様子などを島田誠が随時お話しをさせていただ
きます。

平服でお気軽にお越しくださいませ。
一切のお心遣いは不要にお願いいたします。

==================================
2  今日の言葉
==================================
手押し車の若者

失われた愛をたしかめあうのも
いい、それぞれの受けた傷をいたわるのも。
だが、中にいるのが重荷だったら、
外にすべてを出せばいい。

窓を開け放て。人ごみにじぶんで
降りて行け。ちょっとしたことで、
うまくいく。いきものを見る、ゲームとか、
ブルー・ジーンズの、

手押車をおす若い労働者とか。
道を開けろと大声でどなり、
ちょっとでも下り坂とみると、
走るどころか、飛ぶ。

その時間、街にあふれる人びとは、
避けるけれども、黙ってなどいない。
そのうえを、がらがらと手押車の音と怒声が。
からだを揺すって、彼は歌う。

(ウンベルト・サバ詩集 (須賀敦子訳) P74-75)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□ 2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―号外 9月4日

■□■□ 2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―号外 9月4日

    
@@@@@@@@ 号外 9月4日  @@@@@@@@@@@

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
台風21号が直撃する可能性があります。
本日は臨時休業とさせていただきます。
皆様におかれましても、十分にご注意ください。

尚、
台風一過で交通機関なども復旧した場合は営業を再開することもあります。
事前にお電話でご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガの配信停止を希望される方は下記からお手続きください。
バックナンバーも下記でお読みいただけます。
メルマガ登録・解除フォーム http://gallery-shimada.com/mailmagazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
配信元・お問合せ: ギャラリー島田、アート・サポート・センター神戸
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒650−0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F・1F
TEL&FAX 078−262−8058
HP http://gallery-shimada.com
BLOG http://gallery-shimada.com/blog/
MAIL info@gallery-shimada.com

■□■□ 2018年9月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1435号 9月2日

■□■□ 2018年9月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1435号 9月2日

        「縄文」展へ行ってきました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  いろんなことがありました

2 展覧会へのお誘い  日下部直起展 「イタリアの光跡」
            倉富泰子展 「HER」

3 今日の言葉  手押し車の若者 ウンベルト・サバ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記   「縄文」展
==================================
東京国立博物館は長蛇の列でした。
この報告は次号で。

ギャラリー 枝香庵(銀座)での井上よう子展。昨日から。
その展示風景も見てきました。
よろしければお運びください。
https://echo-ann.jp/
井上さん、頑張っていますね。

==================================
2  展覧会から展覧会へ
==================================

■□■□2018年8月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1434号 8月30日

■□■□2018年8月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1434号 8月30日

             谷川俊太郎と須賀敦子    
        ――すべての人とおなじになる――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  ウンベルト・サバの詩 「町のうた」

2 展覧会へのお誘い  9月1日から二つの展覧会がはじまります

3 「なんでももってけ!!!!市」ご報告

4 今日の言葉 若い人たちのために、これだけは言って置かねばならない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記  「詩人なんて呼ばれて」
==================================
谷川俊太郎と尾崎真理子「詩人なんて呼ばれて」(新潮社)が面白く、再読
している2001年のエッセー集「ひとりくらし」(草思社)に触れたところで
前回、深く感じなかった一節、99年3月21日に「寝がけに須賀敦子を読み」
とありウンベルト・サバの詩
「…じぶんの そとに出て、みなの 人生を生きたいという、あたりまえの
日のあたり前の人々と おなじになりたいという、 のぞみ。」という一節
を見つけて胸を打たれた。P309
とある
「ウンベルト・サバ詩集」(須賀敦子訳:みすず書房)を開く  P202-208

町はずれ
あたらしいことがぼくに
起きたのは、この
町はずれであった

それは虚しい
ためいきみたいで、
自分から抜け出たいという、
みなの人生を生きたいという
のぞみ、あらゆる
人と同じになりたい
という。

あれほどの歓びに出会ったことは
かってなく、人生に期待もしない。
あのとき、ぼくははたちで、
病んでいた。町はずれの
あたらしい道で、
ためいきほどの虚しいのぞみに
とりつかれたのは。

なつかしい
幼年のころには、
裸の丘にしがみつく、
ちいさな家が、何軒か
散らばっただけの場所に。いま
人の労働が火照り、
新しい町が建ちはじめていた。その中で
ぼくがはじめて受けとめた、あまくて
虚しいのぞみ、
じぶんの生を、熱い
みなの人生に入れ込むという
すべての日の、
すべての人と
おなじになるという。

みなを信頼する
こと、みなにわかる
ことばをつかい、
ちょうどパンやぶどう酒のように、
こどもや女たちのように、みなが
大切にすることをする。
だが、ああ、一隅だけ
じぶんのために、とっておいた紺碧の
天窓。
そこからじぶんをつくづく眺め、じぶんを
超えるとき、わがものとなる高々とした
歓喜を愉しむために、
人びとのなかで、
ひとりのヒトでいるために。

後略

私も深く共感しました。

==================================
2 展覧会から展覧会へ
==================================
WAKKUN展「種」  旅の窓から
連日、賑わっていました。
ありがとうございました。

今日は新しい展覧会の準備です。
ギャラリー島田のHPをご覧ください。
http://gallery-shimada.com/

==================================
3 「なんでももってけ!!!!市」 お礼
==================================
沢山の方にお持ち帰りいただき、私が置いておきたい20冊程の美術雑誌を除
きすべて「もってって」いただきました。
お気持ちを募金箱へご寄付くださった¥85,604を
被災地NGO恊働センターの災害救援金へ寄付させていただきました。
http://www.ngo-kyodo.org/

==================================
4 今日の言葉
==================================
これから芸術に携わる仕事に就きたいと考えている若い人たちのために、
これだけは言って置かねばならない。
芸術は自己実現ではない、芸術によって実現し輝くのはあなたではなく、
世界、外側の側なのだ。

(29日 朝日新聞 文芸時評 磯崎憲一郎「芸術と日常」)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2018年8月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1433号 8月18日

■□■□2018年8月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1433号 8月18日

          さてさて 収拾がつかない     

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  捨てなければ

2 展覧会へのお誘い  WAKKUN展「種」
            旅の窓から

3 「なんでももってけ!!!!市」

4 今日の言葉  権力にさからい、これと戦った無名の人びと

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

==================================
1 蝙蝠日記   捨てなければ
==================================
ギャラリー は40年 思い切って断捨離
人とのしがらみも少ない方がいい。
だから求めない。

どちらかといえば孤独がいい。

でも相談事が途切れなくある。半端ない。

これが辛い。

==================================
2 展覧会へのお誘い
==================================
――――――――――――――――――――――――――――――――――
WAKKUN展「種」   8/18(土)〜29(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
一九五〇年にボクは神戸の長田で生まれました。
子どもの頃から山や街の中の空地や路地で毎日遊んでいましたが、そして、
もう1つ大切で大好きな時間が絵を描くことでした。
少年ケニヤ等の絵物語や映画やマンガ等で心が動いたことを軸にして自分な
りの物語や世界をこさえて絵を描いていました。
くらしの中で味わった出来事や出会った人、読んだ本からたくさん種をもら
い、それを表現したくなり絵を描いて、気がつけば68才になっています。
「ボクに種をまいてくださった多くの方々、出来事に感謝を込めて、今後も
絵を描いてゆきます」展をしたいと思います。
WAKKUN

会期中にはライブトーク ライブコンサートもあります。
下記をご覧下さい。
http://gallery-shimada.com/?p=5438

WAKKUNらしい展示作業風景です。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7900

――――――――――――――――――――――――――――――――――
こうもり鉄道でゆく「旅の窓から3」 8/18(土)〜29日(水)
――――――――――――――――――――――――――――――――――
ギャラリー島田コレクションから
植松永次 山口牧生 東影智裕 クボタケシ 木下佳通代 築山有城 
杉本裕子 などなど
http://gallery-shimada.com/?p=5441

空間全体がまた立体作品になっています。(構成 猪子大地)
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7915

猪子大地は20日をもってギャラリー 島田を卒業します。
どうぞお越しください。

==================================
3 「なんでももってけ!!!!市」  8/18(土)〜
==================================

今日から一階のギャラリー島田Troisで「なんでももってけ!!!!」
美術書 美術雑誌 展覧会カタログ 作品
書籍 ポスター グッズ それに大量の絵葉書など
オリジナル作品のついた限定版の高価な作品集や稀なポスター、など
ありえない あり得ない  有り得ない arienai  アリエナイ ・・・

11:00 開始です。
http://gallery-shimada.com/blog/?p=7919

もっと凄いことになっています。

島田誠の著書も限定数ですが署名・蝙蝠印で出品いたします。

値段はつけません。お気持ちを募金箱へご寄付ください。
被災地NGO恊働センターの災害救援金へ寄付させていただきます。
http://www.ngo-kyodo.org/

==================================
4 今日の言葉
==================================
時代の流れを握った者だけが歴史を作るのではない。権力を握った者だけが
偉大なのではない。
ここには権力にさからい、これと戦った無名の人びとがおおぜい出てくる。
これらの少年たちは、みずから強い意志をもってそれぞれの人生をまっとう
した。
したがって彼らはその人生においてヒーローだ。
そしてもし無名の無数の人びとがみなヒーローでなかったら、歴史をたどる
ことになんの意味があるだろうか。
なぜならわたしたちの多くはその無名のひとりなのだから」

(若桑みどり「クアトロ・ラガッツィ」から)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2018年8月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1432号 8月15日

■□■□2018年8月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1432号 8月15日

               敗戦記念日に

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  終戦とは言いたくない

2 「なんでももってけ!!!!市」  8月18日(土)から

3 今日の言葉  この国の最大の問題は<老害>と<男性害>です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   ちょうど孫の迪のころ 私は疎開していた
==================================
73年目の敗戦記念日です。終戦とは言いたくない。
当時、私は2歳9ヵ月。ちょうど孫の迪のころ。
私は母に連れられて年子の姉二人と新潟へ疎開していた。
自身の記憶としては何もないけど。
いかに大変であったかは母から聞いている。

==================================
2 「なんでももってけ!!!!市」
==================================
ギャラリー が海文堂書店でスタートして40年。北野にきて18年。
スタッフが崖っぷちに一念発起。
夏休み返上で大整理に着手。
様々な機器もリニューアル、整理の出来ない私に業を煮やして
大整理に着手。

その歴史を知るのは私しかいないので、いきおい私も返上で「立ち合い」。
廃棄されないよう「ちょっと待って」と手伝いながら、つい見入ったりして
邪魔をしています。

8月18日 から一階のギャラリー島田Troisで
「なんでももってけ!!!!」市を開催します。
美術書 美術雑誌
展覧会カタログ 作品
書籍 ポスター グッズ
それに大量の絵葉書など

値段はつけません。お気持ちを募金箱へご寄付ください。
被災地NGO恊働センターの災害救援金へ寄付させていただきます。
http://www.ngo-kyodo.org/

==================================
3  今日の言葉
==================================
下駄を脱がせろ 女性に任せよ

この国の最大の問題は<老害>と<男性害>です。
いわゆる偉い人はみな男性だという状況をかえなければならない。
基本的に<若い女性>に任せれば平和になります。

目加田素説子(中央大学教授)
「日曜に想う」 朝日新聞 8月12日から

同感です。
私はその二つの害を持っています。

世界経済フォーラムの男女平等度で日本は144ヵ国中の114位だという。

こういうことを恥ずかしいと思わない「害人」を徐々に、そして意識的に駆除
していき、いずれ私も駆逐してほしい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■□2018年8月 Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1431号 8月12日

■□■□2018年8月
Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE Info―1431号 8月12日

           みなさま ありがとうございます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1 蝙蝠日記  メルマガや通信の読者のみなさま

2 新しくなったギャラリー 島田でお迎えします
  40周年 後半のスタート(予告)

3 アート・サポート・センター神戸より
  モーツァルトファンのみなさんに贈る対談コンサート (ご優待)

4 今日の言葉  「話し合い」ではなくて、むしろ「黙りあい」を
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
==================================
1 蝙蝠日記   ひたすらに書き続けてきて
==================================
面白いこと、気の利いたことも書いていないこのメルマガをよくぞ受け取り
つづけて下さっていますね。ありがとうございます。

このごろ鬱陶しい話題もおおく
乱れたこころの内まで書き
読む方は、たまらないだろうと思っています。

メルマガのいいところは「いいね」のボタンがないところです。
受けを気にせずに書けるところでしょうか。

私も多くの方からお誘いをうけるFACE BOOK や INSTAGRAMは応答せず、化石
状態に敢えて身を置いています。

このメルマガも2004年のシステム障害で1000名くらい送信できない方が生じ
2500名くらいまで復旧してきたのですが、この時代おくれのメールマガジン
なのできっと減っているのではと思って、履歴を調べてみたら、今も少しず
つ増えているのに驚きました。

前号の発信数が3179名でした。

gallery-information に連載している蝙蝠日記なども書き続けているので、
もううんざりと思うのですが

ありがたいことです。

==================================
2  40周年記念 後半がはじまります。
==================================
WAKKUN展「種」 8/18(土)〜29(水)
http://gallery-shimada.com/?p=5438

40周年記念 こうもり鉄道でゆく「旅の窓から3」 8/18(土)〜29(水)
http://gallery-shimada.com/?p=5441

そして、なんとなんと
「なんでももってけ!!!!市」をギャラリー島田Troisで開催します。
お楽しみに。
詳細は追って。

==================================
3  アート・サポート・センター神戸 ご優待コンサート
==================================
モーツァルトファンのみなさんに贈る
対談コンサート 

旅歩き大好きなドイツ文学者そしてエッセイスト池内紀さん
モーツァルトのスペシャリストであり研究家でもある久元祐子さん
日本人で唯一のベーゼンドルファー・アーティストがベーゼンドルファーで
弾くモーツァルト

♪ ♪  ♪  モーツァルト、旅、そして神戸  ♪  ♪  ♪  ♪
主演 池内 紀  久元祐子
8月23日(木) 開演 15:00 (開場14:30) 
料金 2,000円(全席自由席)(ご優待 1800円)

文化ホール(大倉山) 中ホール

http://www.kobe-bunka.jp/hall/event/detail.php?id=3047

文化ホールプレーガイド、あるいは当日受付でアート・サポート・センター
神戸の紹介であることを伝えて下さい。
お友達も誘って、どうぞ。

==================================
4  今日の言葉
==================================
現代人が失いかけているのは「話し合い」などではなくて、
むしろ「黙りあい」だ

寺山修司

8月10日 鷲田清一 折々のことば から
寺山の言葉はネットの世界が出現するはるか前の発言である。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━