みずからをはげます人

数かぎりない出会いがあり、別れがあり、日を重ねています。
人が人である限り信頼と背信があり、理想と現実があり、
叶うものがあり、叶わぬものがあり、慌ただしい振り子のようです。

全ては私を源とし、私に返ってくるものです。しかも日々、降りかかり、積み重なるもの。

友人が言います。「あなたに必要なのは克己心です」
「え??」
「強すぎる克己心を捨てる克己心です」

眠りに入るまえに本を開く。間違えば、ますます眠れなくなる。

昨夜、手にした本から

「そう考えない自由が私にあるのだ」

西暦121年生まれのマルジュス・アウレーリウスの「自省録」から

「いったいいつ、きみは単純であることを楽しむようになるだろうか」

「ここで生きているとすれば、もうよく慣れていることだ。
またよそへゆくとすれば、それはきみののぞむままだ。
また死ぬとすれば、きみの使命を終えたわけだ。そのほかはなにもない。
だから、勇気をだせ」

これらの言葉は、長田弘「記憶のつくり方」(晶文社)の最後におかれている。
その題は「みずからをはげます人」

私のまわりにいる多くの、「みずからをはげます人」に、この言葉を捧げます。