● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ●


  H E L L O !!  Gallery SHIMADA & Art Support Center KOBE INFO
 

【第234号】  ビエンナーレであってビエンナーレではない 

@ 蝙蝠日記  ビエンナーレ 
A 展覧会情報 
   ・古川マサカズ展   
   ・河本和子展 
   ・藤崎孝敏展 
A サロン 「島田亭−上方落語の世界」 


● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● ・ ● 


@ 蝙蝠日記   


		「ビエンナーレであってビエンナーレではない」


神戸で不思議な国際美術展が開催されます。神戸ビエンナーレです。
ビエンナーレとは2年に一度のことですから、別に神戸が名乗ってもいいのですが、
『国際』と味付けした街の賑わいつくり観光イベントですから内容は「神戸芸文祭り」
と言ったところです。
よく私も関わっているのかと聞かれますが全く関係していません。
賑わい、元気はいいのですが、片や大切な文化予算はどんどん削れている中で多額の
税金を使ってのイベントはいかにも神戸的ではあります。
幸いにも私の主張は良く知られているとみえてビエンナーレはお誘いも相談もありま
せん。
  
神戸文化の体質をそのまま大規模に拡大しているようで、ぼくは目を伏せずにおれま
せん。私がやっているのは種を蒔き、水をやり小さな花や木を育てることですから、
いきなり華美な飾り花を見せられてもね。。。

			------------------------

           「夜会」ありがとうございました

ご参加くださった方はありがとうございました。幸い、きわどく雨は降らず盛会でし
た。お楽しみいただけたでしょうか。
「ぼたんの会」という仕組みの発案者ですから、力が入ってしまいます。

今回、私を通じてチケットを買っていただいた方は47名でした。
47万円の半分の235,000円がアート・サポートセンター神戸に還元されます。
例年、その三分の二を「しみん基金神戸」と(公)亀井純子文化基金に寄付、これらは、
それぞれの事業として市民活動に助成されます。残りの三分の一はアート・サポート・
センター神戸の活動や助成に使われます。
それぞれがNPOとしての活動報告のなかで収支を公開しています。
近く「ぼたんの会」の詳細をギャラリー島田のHPにアップいたします。
  
     
########################################
  
【展覧会のご案内】

・古川マサカズ展				2007.5月19日(土)〜24日(木)
-------------------------------------------------------------------------------

ここ数年の発表を見てきて、毎回の変貌と着想の奇抜さを注目してきました。
それで「思いっきりやってみたら」と挑発したのです。彼の存在自体が強烈なキャラク
ターと化し、空間全体が本人と化す。ナイーブでシャイな青年ですが、作品は強烈な個
性を主張します。
まあ会場風景をご覧下さい
 
http://www.gallery-shimada.com/schedule/exhibition/furukawa_0705.html

展覧会予告

・河本和子展は下記を
http://www.gallery-shimada.com/schedule/exhibition/kawamoto_0706.html

・藤崎孝敏展は下記を
http://www.gallery-shimada.com/schedule/exhibition/fujisaki_0706.html
   


アート・サポート・センター神戸 次回のサロン


●第158回 火曜サロン

「島田亭−上方落語の世界」(その1)

 300年以上の歴史を持つといわれる上方落語を存分にお楽しみいただきます。全国
各地の寄席で大活躍中の精鋭落語家のひとり、林家花丸さんを中心に、上方の「噺
(はなし)」を聞く会のスタートです。
「見台」や「膝かくし」を使用する噺には、上方落語特有の味があります。
また、落語家が登場する際の出囃子や「はめもの」(情景描写のための囃子)など
の下座音楽も生の演奏で見所・聞き所満載の上方落語の世界をお楽しみください。

日時 2007年6月12日(火)午後7時開演
会場 ギャラリー島田B1F
参加費 ¥1,500(ASK会員¥1,000)
出演者 桂佐ん吉 桂こごろう 林家花丸 吉川絹代(三味線)

※予約をお願いします。


■□ 林 家 花 丸 □■
昭和40年尼崎生まれ。平成三年四代目林家染丸に弟子入りし、林家の名前の中でも
由緒ある『花丸』の名を、三代目としてもらう。
落語は古典から新作まで果敢にチャレンジし、その豊かな感性で明るく楽しい高座
は大好評。これからの活動に期待が集まる上方落語期待の星。
*「出没!ラクゴリラ」http://rakugolira.studio-c.jp/
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【鶯ブログ】  http://gsblog.exblog.jp/  

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□

発行元:ギャラリー島田      
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ホームページ: http://www.gallery-shimada.com
Eメール:   gallery.shimada@dream.com
住所:     〒650-0003 神戸市中央区山本通2-4-24リランズゲートB1F/1F
Tel&Fax:   078-262-8058

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□

メールマガジンの登録・解除は↓で出来ます。
         http://gallery-shimada.com/cgi-bin/magazine/magazine.html