DSC04146cts展覧会紹介ページはこちら

約4年ぶりにご登場いただく松井鮎子さん。

東京にお住まいのため、なんども下見はできません。図面や写真とにらめっこして、構成を練ってきてくださいました。

さっそく一番心配だった入り口付近の展示から。天井に細工をして、思い描く空間を作り上げてゆきます。

高所作業要員、一番の長身スタッフYがかけつけてくれました。

DSC04151cts

入念な準備のおかげで入り口の展示はスムーズに完了!

と、まだ一息とはいきません。

思わず撫でたくなるような、抱きしめたくなるような、美しい球体が続々と現れます。

DSC04226cts

作品を覆う数え切れないほどの線は年輪ではなく、なんとすべて手作業で生み出されています。

会場で実際にご覧になりながら、秘密を聞いてみてください。

松井さんは本日月曜日まで在廊されていますが、23日、24日も在廊予定です。

松井さんが不在の際には、お気軽にスタッフへお尋ねくださいませ。

 

スタッフ(M)