ゴトウ千香子 歌舞伎仮名手本忠臣蔵作品展   in有斐斎弘道館(京都)

会期:2018年12月8日(土)〜2018年12月16日(日) 10:00~17:00

会場:有斐斎弘道館(京都市上京区上長者町通新町東入ル元土御門町524-1)

入場料:弘道館の入館料として500円頂戴いたします

*別途、呈茶もお申込みいただけます

https://kodo-kan.com/events/goto_print/

 

毎年恒例で、弘道館と共催させていただいている、ゴトウ千香子さんの作品展。

展示作業は、弘道館のスタッフ、ギャラリー島田のスタッフで。

DSC01263_cs

今年は、六段目の《与市兵衛内勘平腹切の場》を中心に構成されています。

作品はもちろん、ゴトウさんの解説がとても面白く、忠臣蔵を知らなくても、心が熱くなってきます。

 

「仮名手本忠臣蔵には3つの切腹がある。

一つ目は四段目、塩治半官の切腹

二つ目は六段目、勘平の切腹

三つ目は九段目、加古川本蔵の切腹

それぞれ、壮年、青年、老年の切腹である

 

勘平の切腹が「せっぷく」ではなく「はらきり」なのは、

その死が犬死に等しいものだから

また、最も悲しく、美しいのは

悲運とその若さにあると思う」

 

DSC01278_cs

 

「勘平腹切

犬死であるため片翼で飛べないまま

冷たくなっていく鳥のイメージ

文楽の演出による」

 

DSC01284_cs

 

会場は、茶室と広間の上階を改装した、小さなスペース。窓からお庭が見えます。

 

 

 

DSC01286_cs

 

版画だけでなく、版画におこす前段階での膨大なスケッチや、

豊富な作品資料も展示していますので、ごゆっくりじっくりご覧いただきたいです。

もちろん、弘道館1階のお座敷やお庭でもごゆっくりお過ごしいただけますよ。

*茶会や講座などのイベント開催時には立ち入れないお部屋もあるかもしれませんので、直接弘道館へお問い合わせくださいませ。→075-441-6662、info@kodo-kan.com

 

ぜひ、お運びくださいませ。

 

(容)