DSC_0423_cts

展覧会紹介ページはこちら

15日からは、昨年に引き続き、上村亮太の世界の第2回目がスタートします。

 

前回の抽象時代からは作風が少しづつ変化していき、(前回の様子はこちら)

2000年にさしかかり、少しづつ具象的な輪郭が見えてくる時代から、

2016年あたり、比較的近作も交えながらの展示となります。

 

DSC_0421_cts

自身の作品を自身でかけていく上村さん、

そして今回も作家の金井和歌子さんにお手伝いいただきました。

DSC_0424_cts

手前の100号の作品は、コレクション展でも何度か紹介してきました、

今回は他の作品と並列しながら、どんな表情を見せるのでしょうか。

DSC_0420_cts

 

いったい今回はどんな展示に仕上がるのか、まだ見当もつきません(現在設営中)

皆様ぜひ、お越しください。

 

スタッフ( I )