–美–
美は人間のなす、きわめつくされた努力の中に存在している
(1995年9月海文堂ギャラリー発行の「山内雅夫・白い光の領域」から)

山内先生は「きわめつくされた努力」を自らに課し実践されている。その努力は厚い岩盤を穿つ一徹さに通じ、その一徹さは古今東西の思想・哲学・宗教によって鍛えあげられた鋼のように鋭利で、人を寄せ付けない。
先生の創作とは日々、岩盤を穿つように絵具を置き、削り、叩くことであり、その営為のなかで、自らの“生きること”を正面から全力で、体系的に見つめ、洞察することである。
そこから生れる作品は厳しく、厳密であり、美しい。
ジンクホワイトの絵具を分厚く塗り込めて削った表面に鉱石の一種である黒いアルカイトを力強く打ち込んだ「連珠」という作品は、そういう意味ではまさに結晶と呼べる気品に満ちて美しい。
過去、2回、先生の展覧会を企画させていただいた。先生の展覧会は力技でないと出来ない。作品が大きくて重い。存在感が圧倒的で、なまじの設定では生きない。
したがって、過去の2回の展覧会を含め、先生の作品を活かしきる展覧会は皆無であったと思う。従って、山内作品が正当に評価されたことは未だかってなかった。

私は山内雅夫こそ世間と隔絶されて深山幽谷に隠遁する真の巨匠の名に価する現代最後の作家だと信じている。
ギャラリー島田の空間に先生の作品を並べて見ることは、ここを選んだ最初から夢にみていた。しかし山内先生の最大の欠点は、他人にも自己に対すると同じような厳密さを、無理とわかりながら求めてしまう点にある。だからなまじの画商では尻込みしてしまう。先生が世にでない最大の理由である。

今年2002年10月下旬にようやく久方ぶりに「山内雅夫展」が実現することとなった。
先生にとっても、わたしにとっても不退転の決意で望む勝負の展覧会である。

95年 山内雅夫先生のこと

6年ごしに待ち続けた山内雅夫先生の展覧会がようやく実現することとなりました。最初にお出会いしてから数年間は、ただ恐れ多くて、とてもとても展覧会のお願いなど出来るお付き合いではありませんでした。表現者としての厳しい生き方、探求の深さに感じ入って、いつも聞き役ばかりですごしました。
3年前にはじめて法隆寺のすぐ隣の古いお屋敷をお尋ねしたのは厳寒の頃で、緊張しっぱなしの私と大橋くんは忍びよる冷気と、ちぢみあがった心臓で山内先生の哲学講話をうわの空で聞いたのです。おもえば、あれは第一次面接だったのでしょうか。それから何度かおじゃまして、ようやくにして、私も口を開くことができるようになり、
おそるおそる個展のお願いをいたしました。なぜ、私がそれほどまで腰が引けたのかをお話ししないといけません。それは山内先生の創作への取り組みの妥協のない厳しさにあります。白い絵具(時には黒)を丹念に塗り込めていく「接触」という作業を無限に繰り返しながら、自らを相対化して“観る”という姿勢は、まさに「絵を思惟する」ということだと納得するのです。その作品の質感、量感、そして漂う気品は、ちょっと類のないものです。その探求の厳しさにおいて、私は山内先生をゴッホになぞらえたくなります。その激しさ厳しさが当然のこととして、画面をして見るものの襟を正させる気品を生むのです。
私の拙い断片的な印象だけでは、皆さんは雲をつかむようでしょう。これから少しずつ
山内先生の魅力について語っていきたいと思います。
先生の展覧会は本来5月に計画されていましたが、震災の影響で延期されていました。先生も震災を受け止め、期するところがありました。ここ、神戸で今。展覧会をすることは、震災を避けて通れないことは自明です。先生の表現は“並の人間の考えの及ばない”ものであることは確かです。それは私たちもまた思惟すること迫ることでしょう。

(画廊通信から)

98年山内雅夫個展-白い垂直の軸線- によせて

人が存在することの意味、美が美であることとはどう言うことかを問い続け、宗教の海を泳ぎ、哲学の森へ分け入り、表現の山の山頂を目指す人。それを観念の世界に止めることなく、自省によって「確かなる存在」として、白く巨大な画面に塗り込める人。不易であるものを求めつづけている山内雅夫という一人の画家の魂とお出会い下さい。

1998年のDMから

奇跡が起こった  西宮・仁川学院でのモニュメント

先生が上気した顔で入ってこられた。いつもひっそりと来られ、そっと帰られることも多いのに。「島田さん、とうとうやりました」と小さくガッツポーズをされた。西宮の仁川学院のモニュメント構想が纏まったのだ。1年かかった。
弓張美季(ピアニスト)さんのコンサートで出会われ意気投合された仁川学院の園田院長と山内雅夫。私を介して山内先生にモニュメントを依頼される経緯は、それだけでドラマにな感動的な曲折がありました。
1/50の美しい模型を取り出され「島田さんに上げます」と言われた。高さ18m、幅1,3mの中央に10cmのスリットが入り奥行き1,7m。細く天に向かって立ち上がっていく。色は純白。それを支えるため地下の岩盤まで13mの基礎が必要という。凄い。私はその模型を机の上に立て、体を沈めて仰ぎ見た。凛とした垂直の軸線は居ずまいを正さずにおれない完璧な存在として脳裏に焼きついた。完成した姿を想像し、それを日常的に目にしながら多くの若者たちが育っていくことを思っただけでも私も喜びを抑えることが出来ない。奇跡は起こるのです。

■ 山内雅夫――白い光の領域――
1935年
51年
54年
60年
9月8日愛媛県生まれ
植木茂と出合い、その縁で上京する
山口薫にデッサンを学ぶ
武蔵野美術大学にて山口長男に師事
山内雅夫先生は思索と実践の人である。

最近のギャラリー島田での個展記録
2002年10月19日(土)~10月31日(木) 山内雅夫展 「光の領域」
2008年12月13日(土)~1月14日(水) 山内雅夫展 ~MONUMENT~