~テロワール☆リング☆とモーニング・グローリー~

クボタケシ展

言葉
円柱の柱で作られた空間
まるでアスレチック空間のようなジャングルの空気で遊ぶ
全ては空気のために

クボタケシ

久保健史の石(トラバーチン)は静謐な光を湛えている。その石は湧泉中に溶けていた石灰分が沈殿して形成されたものであり、久保の鑿跡は石への偏愛の痕跡であり、穿たれた空洞は、風も光も薫りすら石に抱かれやすらぐ。石である重量は消され、雪であったり雲であったり、水であったりするのは、その石の遥かなる生成の時の記憶が呼び醒まされいるのかもしれない。その作品が愛おしさを誘うのは、、彫琢され磨き上げられた作品ではなく、久保の石との自然との密やかなダイアローグを聴いているからに違いない。 「あさご芸術の森大賞展」(朝来市)の終了を受け、昨年スタートした第1回「あさごアートコンペティション(A・A・C)」を受賞されました。

島田 誠

2000
第5回 石のさとフェスティバル石の彫刻コンクール展 最高賞(高松市)
第5回 石の彫刻国際シンポジウム招待(公開制作/庵治町)
2001
第1回 世界陶磁器EXPO京幾道・記念公園コンペティション入選・設置(韓国)
2002
第7回 KAJIMA彫刻コンクール 展 KAJIMA銀賞受賞(東京)
あさご芸術の森美術館にて公開制作 ブルーチーズ(森の中で・・・)設置 (兵庫)
2003
第1回GOAC2002最優秀作品・大賞受賞 incantations2003設置(県庁/群馬)
BRANCUSIANA招待 (滞在制作/ルーマニア)
石彫国際シンポジウムinまほろば(滞在制作/兵庫)
2005
無形なるものたち展(ギャラリー島田/神戸)
2006
イタリア料理と彫刻家(リゾレッタ・淡路島)
2人展「なぜ私はここにいるのか?」塚脇淳 X 久保健史(ギャラリー揺・京都)
2008
Te Kupenga Stone Sculpture Symposium(公開制作/ニュージーランド)
2009
ING-次世代を担う作家たち- 展(東大阪市民美術センター)
2010
3つの…展 レストランナガタケ/京都
『小さな大理石』クボタケシ 展(gallery morning Kyoto)
2011
Black stone project (滞在制作・韓国)
『心に降る山』クボタケシ展 + plus (gallery morning Kyoto)
『雲がとけたり、凍ったり』久保健史 × 石川丘子 展(ギャラリー北野坂)
『凍った雲とリング』クボタケシ展 ( 高島屋ギャラリーNEXT/大阪 )
BenQ 2011 International Sculpture Workshop(滞在制作/台湾)
2012
石巻専修大学のために「Un nuage carre」を制作設置(宮城)
塚脇淳×久保健史「閉じることと開くことのあいだに―鉄のエトス、石のエトス―」 展 ( アートコートギャラリー 彫刻の小径/大阪 ・4/26 – 2013.10)
『雲と雲。遏雲』クボタケシ展 gallery morning Kyoto
『4つの・・・by atelierbeaucoup』展 (ギャラリー北野坂)
『内包の布、空間の石、存在の写真』3人展 (姫路市立美術館)

◆1F deuxにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。
*4/12は休廊

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1会場の様子3会場の様子5会場の様子2会場の様子4会場の様子6