森井宏青展

テーマは失われた水景の神秘について。水辺に生きるものと、それに関わったものたちの記憶です。北欧にいて、わたしが心から大切に思っているそれらの記憶が、彼らにとっても常に、共通のかけがえないものであることに胸を打たれました。それ故、北欧に惹かれ続けてきたわけです。彼らには、水辺の自然と人の暮らしのつながりの調和は不可欠です。常に小さな生き物たちへの好奇心を忘れず、美しい景観、生態系に敬意を忘れません。そこには私がかつて失い、 追い求めていたものの全てがありました。わたしは羽曳野という(故郷に)確かに存在した水景の心象的リアリティを描 いています。(森井さんからいただいた文を島田が要約させていただきました)

◆B1Fにて 12:00~19:00
※火曜日は~18:00、最終日は~17:00まで。

■会場の様子 ※画像をクリックすると拡大して表示されます。

会場の様子1 会場の様子3 会場の様子5会場の様子2会場の様子4