Gallery Shimada Official Web Site/トップページへ戻る

サイト内検索 Powered by Google
Gallery Shimada deux

上村亮太展> 2006.9月16日(土)〜27日(水)

“言ってみたい正直な気持”

上村亮太展上村さんはいくつなのだろうか?謎だ。人見知りな私は親しく話をしたことがない。でも彼の仕事は六甲アイランドの野外現代美術展でずっと見てきた、そして震災翌々年(1997年)、私がコーディネイトした新宿パークタワーでの「アート・エイド神戸IN東京」の現代美術展に出品、その年の海文堂ギャラリーのグループ展に招待した。作風はずいぶん変わったが、しっかりと注目をされている優れた画家である。

 

上村亮太展あの六本木ヒルズに森美術館が出来たオープニングの「六本木クロッシング日本美術の新しい展望」に鉛筆画の木下晋さんらと共に招待出品されていて、私も足を運んだ。その主要作品2点が私のコレクションにある。彼のCAP HOUSEにある無人のアトリエを時々、覗かせて頂いている。最近の上村さんの作品を見ていると「これでいいんだ」というナチュラルな気持ちになる。もちろん「可愛い」とか「きれい」とかって言ってしまえるだろうけれど、そしてきっと彼はそれもいいと思っていると思うけれど、「送電鉄塔」「柵」「動物たち」「野菜たち」などの普通にある物に込められたメッセージを読み解くのが楽しい。そこにいのち震える出会いがある。

◆B1Fにて 11:00〜19:00
※火曜日は〜18:00、最終日は〜17:00まで。

■会場の様子

会場の様子
 
会場の様子
 
会場の様子
 
会場の様子
会場の様子
 
会場の様子
Contact(お問い合わせはコチラこら!)